09 juillet 2018

34-35 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ(イグチ 3)

  34 -  Boletus edulis    (ファ-ブルは名前をつけていない)  《1891年9月》 解釈: Boletus edulis Bull. : Fr. 仏名: Cèpe comestible, Cèpe de Bordeaux 【食用セップ、ボルドーのセップ の意】 【和名:なし、(ヤマドリタケ?)】       キノコ愛好者の中で有名な「ボルドーのセップ」を知らない人はいない。どこの市場でも売られており、そのすばらしい味に人気がある。多くの人にとって、そのキノコは料理の華といえる。この評判の高い Boletus edulis... [Lire la suite]

08 juillet 2018

36-44 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ (イグチ 4)

36 -   B. pachypus   《1890年9月20日  - Bruyères ブルイエール【地名】》Interprétation 解釈:不確か、Imperator torosus (Fries) Assyov et al. (2015) ?異名:Boletus xanthocyaneus (Ramain) ex Romagn.【和名:なし、(イグチ属)】       この図版は、私達をまだ大いに議論されている不確かな世界に導いていく。それは赤色や黄色の孔口を有し、肉は空気に触れるとすぐ青変する大型のイグチで、一般には Boletus satanas と同じだと思われている。火を通すと食用になるが、珍しいキノコなので、その保護のためにできるだけ採らないほうがいい。       この膨大なイグチの主な特徴は、少しオリーブ色がかった傘と、赤葡萄酒色がかった柄の下部以外は子実体全部が黄色である。柄には美しい網目があり、肉は強く青変する。      ... [Lire la suite]
15 mai 2015

forêt de Carnelle

Res nullus et médiateurs chamaniquesSouvenir de récolte, parmi les 64 espèces trouvées le 16 août 1985 en forêt de Carnelle (95 Val d'Oise).— Boletus badius, carpini, chrysentheron, edulis, erythropus, reticulatus, subtomentosus,Psalliota xanthoderma, Psalliota radicata,Scleroderma vulgare,Amanita fulva, rubescens,Lactarius blennius, camphoratus, fuliginosus,Tylopilus felleus,Russula cyanoxantha, lepida, laurocerasi, foetens, nigricans, emetica, vesca, virescens, alutacea, bruneoviolacea, xerampelina, puellaris,Inocybe fastigiata,... [Lire la suite]