27 avril 2017

197-215 ファ-ブルのシメジ類 Tricholomes de J.-H. Fabre

197-  Tricholoma sordidum    《リユベロン地方のボニイュ辺り、1892年1月1日》 解釈: Lepista saeva (Fr.) Orton 異名: Lepista personata (Fr. : Fr.) Cke. ss. auct.,Rhodopaxillus saevus (Fr.) Maire 【和名:オオムラサキシメジ、ムラサキシメジ属】       ファ-ブルはこのキノコを Tricholoma sordidum と同定したが、当時は Lepista 属【ムラサキシメジ属】は存在せず、Tricholoma 属【キシメジ属】だけであった。現在は Lepista sordida (Schum. : Fr.) Sing. 【コムラサキシメジ】と呼ばれる。しかし図版のキノコはコムラサキシメジにしては頑丈で、肉も厚くまた色合いも異なるところから、むしろ Lepista saeva (Fr.) Orton 【オオムラサキシメジ】ではないかと思われる。       L.... [Lire la suite]

26 avril 2017

191-196 ファ-ブルのきのこ Champignons de J.-H. Fabre

    191-  Scleroderma corium De Candolle         《1887年9月15日、胞子:10-12》 解釈: Mycenastrum corium (Guers. : D. C.) Desv.(1842) 異名: Bovista suberosa Fr. 【和名:なし?腹菌亜綱】         図版のキノコは最初南国系の種である Scleroderma polyrhizum Gmel. : Pers. (= Scleroderma geaster Fr.)【ツチグリカタワタケ】を想定したが、しかしよく観察すると、多くの特徴がファ-ブルが同定した Scleroderma corium と一致する【この種は以前 Scleroderma 属であったが、現在では Mycenatrum 属に位置している】。      ... [Lire la suite]