08 juillet 2018

36-44 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ (イグチ 4)

36 -   B. pachypus   《1890年9月20日  - Bruyères ブルイエール【地名】》Interprétation 解釈:不確か、Imperator torosus (Fries) Assyov et al. (2015) ?異名:Boletus xanthocyaneus (Ramain) ex Romagn.【和名:なし、(イグチ属)】       この図版は、私達をまだ大いに議論されている不確かな世界に導いていく。それは赤色や黄色の孔口を有し、肉は空気に触れるとすぐ青変する大型のイグチで、一般には Boletus satanas と同じだと思われている。火を通すと食用になるが、珍しいキノコなので、その保護のためにできるだけ採らないほうがいい。       この膨大なイグチの主な特徴は、少しオリーブ色がかった傘と、赤葡萄酒色がかった柄の下部以外は子実体全部が黄色である。柄には美しい網目があり、肉は強く青変する。      ... [Lire la suite]