13 juin 2018

1-15 Amanites de Fabre ファーブルのテングタケ

  1- Amanita echinocephala  《1893年5月21日描きなおす refait》解釈: Amanita echinocephala (Vitt.) Quél.【和名: シロオニタケの仲間、(テングタケ属)】       Les verrues du chapeau, ici pyramidales dont la pointe aiguë au sommet et la densité évoquent une planche à clous de fakir, la teinte pâle de l'ensemble du champignon, la volve se réduisant à des bourrelets, le pied annelé, la grande taille et la marge du chapeau non striée caractérisent les amanites du sous-genre Aspidella Gilbert (1925) dont l' Amanita echinocephala est le... [Lire la suite]

13 juin 2018

16-22 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ (イグチ 1)

  16 - Armillaria mellea 《1890年10月6日》Editer ce message 17 -   Armillaria mellea  《1890年10月29日》 解釈:Armillaria mellea (Vahl. : Fr.) Kummer 仏名:Armillaire couleur de miel 【蜂蜜色ナラタケの意】 【和名:ナラタケ  (ナラタケ属)】      Quoique assez schématisées, les illustrations des planches 16 et 17 représentent bien des amillaires couleur de miel. Les chapeaux souvent fendus chez les sujets ayant atteint leur complet développement témoignent que ces champignons ont été récoltés par temps sec. Il est... [Lire la suite]
08 juin 2018

45-49 Chanterelles de Fabre ファーブルのアンズタケ属

  45- Cantharellus cibarius     《1892年10月30日》解釈:Cantharellus cibarius (Fr. : Fr.) Fr. 仏名:Girole, Chanterelle [ ジロル、シャントュレール] プロヴァンス語で 《Auriheto de Kermes, Geriho》 【オリエト・デ・ケルメス、ジェリオ= 樫の耳、ジロル  の意】【和名:アンズタケ  (アンズタケ属)】       La représentation est parfaite, le port, la couleur sont justes, Fabre a pris grand soin des lames, plissées, courtes, sinueuses, interveinées, qui caractérisent si bien la girole et permettent de la différencier à coup sûr du toxique clitocybe de... [Lire la suite]
01 avril 2018

23-30 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ (イグチ 2)

23 -  Boletus flavidus Fries        《1889年11月21日》解釈: Boletus granulatus L. : Fr. [=Suillus granulatus (L. : Fr.) Roussel]【和名:チチアワタケ(ヌメリイグチ属)】       この図版にファ-ブルが付けた名前は正確ではない。この種を類別した Fries と他の作者にとって Boletus flavidus はつばを持つキノコである。この間違いが何に所以するのか解らないが、一つ推測できるのは、ファ-ブルは、Quélet のフロラ (Champignons du Jura et des Vosges, supplément,1880年)を参照し、それには、残念ながら、つばのことは書かれていないのである。      ... [Lire la suite]
05 mars 2018

31-35 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ(イグチ 3)

31 -  B. subtomentosus         《1890年9月20日》解釈: Boletus radicans  Pers. : Fr.       このキノコの特徴は28番の図版を参照。       ファ-ブルは28、29、30番では Boletus candicans としているが、ここでは Boletus subtomentosus 【アワタケ】と呼んでいる。しかし、これは現代解釈で Boletus radicans (=ファ-ブルにとっては candicans)であり、それはアワタケと対立する多くの特徴が確認されている: 傘の肉と管孔部は厚すぎる。 管孔部と柄との関係は《離生》タイプ(管孔は小さな谷で柄と離れているが、アワタケのはやや垂生)である。 管孔は細すぎる。 柄の下部の形はアワタケのものではなく、柄もずんぐりしすぎている。 肉の青変が少し強すぎる。 ... [Lire la suite]
01 mars 2018

36-44 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ (イグチ 4)

36 -   B. pachypus   《1890年9月20日  -  ブルイエール【地名】》解釈:不確か、Boletus torosus Fr. ?異名:Boletus xanthocyaneus (Ramain) ex Romagn.【和名:なし、(イグチ属)】       この図版は、私達をまだ大いに議論されている不確かな世界に導いていく。それは赤色や黄色の孔口を有し、肉は空気に触れるとすぐ青変する大型のイグチで、一般には Boletus satanas と同じだと思われている。火を通すと食用になるが、珍しいキノコなので、その保護のためにできるだけ採らないほうがいい。       この膨大なイグチの主な特徴は、少しオリーブ色がかった傘と、赤葡萄酒色がかった柄の下部以外は子実体全部が黄色である。柄には美しい網目があり、肉は強く青変する。       最近の菌学者の解釈では、それはおそらく Boletus torosus... [Lire la suite]

22 février 2018

p. 87-89《トリュフ を生む蝿》 の論争 La polémique de la « mouche truffigène »

【絵】トリュフ類。「Fungi Hypogaei」 から、テュラーヌ兄弟、1851年。Truffes, in L. R. & C. Tulasne 1851 《トリュフ を生む蝿》 の論争  La polémique de la "mouche truffigène"                       ファ-ブルが二番目に出したキノコに関する研究文は、昆虫学の権威であると同時に菌学の識者である彼に助けを求めてきた、ヴォクリューズ県の農業・園芸協会の会長イスナール侯爵の依頼により書かれたものである。これはやがてファ-ブルが傾注していく「昆虫とキノコのかかわり」の研究への序幕であった。しかしそれは、彼がオランジュの滞在を経て、さらにセリニャンに引退し、本当の菌学の作品であるキノコの水彩画を描くまで待たねばならなかったトリュフの発生地には、さまざまな双翅目の中でもしばしば  Helomyza [エロミザ]... [Lire la suite]
20 février 2018

118-126 ファーブルのチチタケ, Lactaires de J.-H. Fabre (1)

  118-  Lactarius deliciosus Linn. 119- Lactarius deliciosus        《1888年11月8日》 解釈: 不確か Lactarius deliciosus sensu lato 【デリシャスなチチタケの意】 【和名:なし、ハツタケ節、チチタケ属】         図版のキノコは間違いなく広い意味での Lactarius deliciosus であり、ファ-ブルの時代にも、人参色の赤い乳液を分泌し、特に傷ついた箇所の肉が緑変する全てのオレンジ色系のチチタケを一括してそう呼んでいた。通常このキノコの柄は傘と同色であるが、ファ-ブルの図版118、119の二枚とも柄は白色である。       その後 Lactarius deliciosus... [Lire la suite]
20 février 2018

127-134 ファーブルのチチタケ, Lactaires de J.-H. Fabre (2)

  127-  Lactarius insulsus  =  zonarius Bull.    《1893年8月28日描き直す》 128-  Lactarius zonarius Bull. 129-   Lactarius insulsus  =  zonarius Bull.      《1891年9月13日》 解釈: Lactarius zonarius (Bull. : Fr.) Fr. var. scrobipes Kühn. & Romagn. 【環紋のあるチチタケ、あばたのある足の意】 【和名:キカラハツモドキの-変種】         これらの三枚の図版は、zonarius 群【キカラハツモドキ群】に属する同一のキノコで、柄にあばた状のくぼみのある Lactarius zonarius var. scrobipes だと推定される。 ... [Lire la suite]
20 février 2018

135-144 ファーブルのきのこ

  135-  Lentinus tigrinus        《1890年9月9日》 解釈: Lentinus tigrinus  (Bull. : Fr.) Fr.  【和名:ケガワタケ、マツオウジ属】         Lentinus tigrinus 【ケガワタケ】は、中型の材上性のキノコで、傘の表面は白色で、褐色の鱗片が虎斑状に散在し(種名 tigrinus の由来)、肉は弾力性があり、ひだの縁はしばしば鈍鋸歯状、胞子紋は白色。ほのかに新鮮なバタ-臭がするという人もいる。この種は沼地の近くの caprea グル-プのヤナギ類の朽ち木に発生する。       菌学的に見てケガワタケは、近種のものに比べて明確な特徴を有することから優良種と言えよう(《優良種》といっても食用的にではない!)。しかしこの種を何処に所属させるかで作家の意見は一致していない。一方は  Lentinus... [Lire la suite]