31 juillet 2015

Micropore à pied vernis, Flabelle luisante (ツヤウチワタケ)

Microporus vernicipes (Berkeley) Imazeki 1943   Micropore à pied vernis, Flabelle luisante (ツヤウチワタケ)     Basidiomycota / Homobasidiomycetes / Polyporales / Polyporaceae Synonymes :Microporus affinis ss. Imaz. ;Coriolus langbianensis Har. & Pat. (1914) ; Coriolus vernicipes (Berk.) Murrill (1907) ; Microporellus subdealbatus Murrill (1907) ; Leucoporus vernicipes (Berk.) Pat. (1915) ; Microporus makuensis (Cooke) Kuntze (1898) ; Polystictus makuensis Cooke... [Lire la suite]

26 juillet 2015

スズメタケ Panellus pusillus

Panellus pusillus (Pers. ex Lév.) Burds. & O.K. Mill. 1975    スズメタケ      Hongo, T., Ueda ,T . & Izawa, M., 1994 : きのこ Kinoko (Yama-Kei Field books), ISBN : 635-0605-0 C0345Kobayashi, Yoshio. in Bull. Nat. Science Museum Vol 6, No. 3: 357-364 (1963) ; Imazeki & Hongo volume 1 : 95 (description sans illustration) ; Basidiomycota / Homobasidiomycetes / Tricholomatales / Pleurotaceae Synonymes : Polyporus rhipidium var. pusillus... [Lire la suite]
25 juillet 2015

チヂレタケ Plicaturopsis crispa コウヤクタケ科チヂレタケ属

Plicaturopsis crispa (Pers.) D.A. Reid 1964   チヂレタケ コウヤクタケ科 チヂレタケ属         Basidiomycota / Homobasidiomycetes / Corticiales / Corticiaceae Synonymes :Trogia c. ; Trombetta c. ; Plicatura c. ; Cantharellus crispus ; Merulius crispus ; Scytinotus crispus Fructification Couleur : Blanc Ecologie Sur feuillus. Comestibilité Sans intérêt Références bibliographiques Bon p. 323 ; BK... [Lire la suite]
21 juillet 2015

31-35 Bolets de J.-H. Fabre ファーブルのきのこ (イグチ 2)

31 -  B. subtomentosus         《1890年9月20日》解釈: Boletus radicans  Pers. : Fr.       このキノコの特徴は28番の図版を参照。       ファ-ブルは28、29、30番では Boletus candicans としているが、ここでは Boletus subtomentosus 【アワタケ】と呼んでいる。しかし、これは現代解釈で Boletus radicans (=ファ-ブルにとっては candicans)であり、それはアワタケと対立する多くの特徴が確認されている: 傘の肉と管孔部は厚すぎる。 管孔部と柄との関係は《離生》タイプ(管孔は小さな谷で柄と離れているが、アワタケのはやや垂生)である。 管孔は細すぎる。 柄の下部の形はアワタケのものではなく、柄もずんぐりしすぎている。 肉の青変が少し強すぎる。 ... [Lire la suite]
19 juillet 2015

コガネタケ Pholiote dorée

Pholiote dorée, コガネタケ [kogané-také, 黄金茸].Phaeolepiota aurea (Matt. : Fr.) Maire, 1928.Grand champignon à sporée ocre-paille ou fauve-doré.ハラタケ科コガネタケ属。夏から秋、林内や路傍、庭などの湿った明るいところに生える。場所によって汗臭いにおいをもつものがある。黄土色の粉状物を洗い流し、あぶり焼きにした後、大根おろしで食べると、歯切れが良くおいしい。10月中旬、群馬県多野郡万場町で。 写真 伊沢正名 Phaeolepiota aurea (Matt. : Fr.) Maire ex Konrad & Maubl. 1927   Pholiote dorée [ コガネタケ kogané-také, 黄金茸 ]         Basidiomycota / Homobasidiomycetes /... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 01:40 - Commentaires [0] - Permalien [#]
Tags : , , , , , , ,
18 juillet 2015

Bolet blafard ウラベニイロガワリ と オオウラベニイロガワリ

Boletus luridus Schaeff. : Fr. 1774   ウラベニイロガワリUrabeni_irogawari,  Bolet blafard, Netzstieliger   左:ウラベニイロガワリ 右:オオウラベニイロガワリPied rouge ou blafard ? Principales différences : le chapeau est plus terne, les pores sont jaunes quand le champignon est jeune, le pied est presque entièrement recouvert d'un réseau rouge. Lui aussi bleuit fortement à la cassure. La chair de luridus est typiquement rouge au dessus des tubes, dite "Ligne de Bataille", visible à la coupe avant et après le... [Lire la suite]

15 juillet 2015

ハリネズミホコリタケ Vesse-de-loup hérisson ヒタチノスナジホコリタケ

Lycoperdon ericaeum Bonord. 1857 Botanische Zeitung 15: 596   Vesse-de-loup hérisson, ハリネズミホコリタケ       Basidiomycota / Gasteromycetes / Lycoperdales / Lycoperdaceae Synonyme :  Lycoperdon muscorum Morgan, Journal of the Cincinnati Society of Natural History 12: 17 (1889) Exopéridium Couleur : Blanc, Brun, Crème Gléba Couleur : Blanc, Brun, Crème Références bibliographiques Sarasini Gasteromiceti... [Lire la suite]
05 juillet 2015

1-15 Amanites de Fabre ファーブルのテングタケ

1- Amanita echinocephala  《1893年5月21日描きなおす》解釈:Amanita echinocephala (Vitt.) Quél.【和名: シロオニタケの仲間、(テングタケ属)】  この図版では、傘のイボは先端の尖ったピラミッド形で、奇術師が使うくぎ板のように密で、キノコ全体はうす色、つぼはいくつかの環状となって残り、つばがある大型のキノコで、傘の縁部には条線がないなどは、基準種 Amanita echinocephala の亜属である Aspidella [= Lepidella] Gilbert(1925年)【マツカサモドキ亜属】を同定するための重要な特徴である。Amanita echinocephala はふつう石灰質の土壌に生えるが、この図版には、ファ-ブルはまったく場所、日時、土壌および環境の採集条件の記載をしていない。また、このキノコの近縁には Amanita Vittadini (Moretti) Vitt. という、南国に生える柄が燐片で覆われている大型の種類がある。 2-3  Amanita caesarea  《1890年9月26日》解釈:Amanita... [Lire la suite]
05 juillet 2015

p.83-90 ジャン・アンリ ファ-ブルの菌学の作品 l'oeuvre mycologique de J.H. Fabre

     【83】   菌学者ジャン・アンリ・ファ-ブル!実際には、彼をこう呼んでも別に驚くことではないのだが、かの有名な大作である昆虫学の著作に隠れて、彼がキノコに興味を持っていたことはほとんど知られていないからである。いつの時代にも、キノコは人に不思議な魅力を感じさせてきた。ギリシャ・ロ-マ時代の作家達はキノコについて多くの突飛な理論をでっちあげたし、また今日でも、自分の庭にキノコが生えているのを見ると嬉しい驚きを覚える。さらに森の小道などでふと遠くにキノコを見つけて駆けつけ「ああ、ツマラナイタケだ!」と足蹴にしたとしても、それもやはりキノコに魅せられた証だと言えよう。   私達でもこうなのだから、自然に対する旺盛な好奇心の持ち主のファ-ブルが、キノコに大きな関心を持ったのもまったく当然であり、もちろんそれは幼い頃からであったとファ-ブルは晩年語っている。 ... [Lire la suite]
05 juillet 2015

ファーブルのキノコの水彩画 101-108 Les aquarelles de champignons

               【101】 【絵】ハリタケ類を組み合わせた図版、ファ-ブルの水彩画、1893年。       私達はすでに知っているように、ファ-ブルは幼い頃からキノコに魅せられていた。この魅惑は決して衰えず、彼がセリニャンに引きこもってからも、キノコの採集に最初の頃と同じ喜びを見出していた。     《セリニャンの南側の丘陵の麓、村からそれほど遠くないところに、海岸松とイトスギが交互になった林がある。そこには、万聖節* のころ、秋雨の続いたあとに、針葉樹を好むキノコ、特に Lactarius deliciosus が豊富に生える。そのキノコは傷ついたところが緑色になり、壊すと血色の涙を流す。晩秋の穏やかな日  、年少の子供の足を鍛えるには十分な距離であるが、疲れるほど遠くはないので、家族全員の気に入った散歩場所である》(7巻、「嗅覚」)。      ... [Lire la suite]