19 janvier 2018

69-71 ファーブルのフウセンタケ (1) Cortinaires de J.-H. Fabre

69 -  Cortinarius collinitus      《1891年11月13日》 解釈: Cortinarius trivialis Lange var. subolivascens Henry 【和名:なし、ツバアブラシメジ節,アブラシメジ亜属、フウセンタケ属】       ファ-ブルがこの図版に collinitus の名前を記したのはそれほど間違って...いやまったく間違っていなかった!たった一つ難点を言えば、彼が同定した collinitus はどの作者のものか明示されていないことである。       つまり、collinitus は、1795年に Sowerby によってたてられた種で、それは Fries によって Cortinarius elatior 【アブラシメジ】の名前で引き継がれた。       しかし、Fries が collinitus と記述するキノコは、現代の作家が... [Lire la suite]

18 janvier 2018

白鬼茸 Démon blanc hirsute (Amanita virgineoides Bas 1969)

Description par Hongo des récoltes japonaises: Basidiomycota / Homobasidiomycetes / Amanitales / Amanitaceae Chapeau 7-15 cm, hémisphérique puis convexe, longtemps blanc, ochracé pâle dans la vieillesse, entièrement couvert de verrues blanches coniques à pyramidales. Lames libres, serrées, inégales, blanches, entières. Stipe central, 8-20 × 2-3 cm, massif, blanc, couvert de verrues coniques. Anneau membraneux, blanc, fragile. Volve bulbeuse, blanche, couvertes de verrues coniques. Spores... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 16:44 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
Tags : , , , , ,
18 janvier 2018

63-68 ファーブルのヒトヨタケ Coprins de J.-H. Fabre

63 - Coprinus comatus   《1886年4月10日、1892年8月描き直す》 解釈: Coprinus comatus (Moeller: Fr.) Pers.仏名: Coprin chevelu,プロヴァンス語で 《Pisso-Chin》【和名:ササクレヒトヨタケ、ササクレヒトヨ節】       この図版は、ササクレヒトヨタケの特徴である、傘とひだが黒く液化していく迄の各成長過程がよく表わされている。柄のかなり低い所に膜質のつばがあり、傘は最初は円筒形のち鐘形、表面は灰色がかった小鱗片におおわれる、といった特徴が見事に描写されている。             夏と秋、豊かな腐植土層、畑、庭、沿道に、しばしば小さな群れで発生し、かなり頻繁に見られるキノコである。       味は繊細だが、若いつぼみだけが食用になり、傘の縁部が黒くなる以前の、採集後わずか数時間のもの以外は、食すると気分が悪くなる。... [Lire la suite]
17 janvier 2018

Quéletia mirabilis ... Qu'elle est admirable オニノケヤリタケ

 Malgré son nom mirobolant tonitruant, ce champignon n'a de remarquable que sa rareté (venant de tan en tan) et sa laideur relative, quand il chie dans les copeaux.Un peu d'histoire.... Quélet, Fries, Lloyd... Lucien Quélet. Les Champignons du Jura et des Vosges, p.236Queletia mirabilis Fr.--Dabord blanc puis rouille ou fuligineux. Intérieur blanc puis jn. ri. P. avec lanières beiges. -- Dans le Jura, les Vosges, le Midi (très rare). E.-             DECOUVERTE D'UNE RARETE MYCOLOGIQUE. ... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 10:14 - Commentaires [0] - Permalien [#]
Tags : , , , , , , , , ,
15 janvier 2018

Clathrus bicolumnatus Clathre à deux colonnes, Pince de crabe (カニノツメ)

Clathrus bicolumnatus (Kusano) Saccardo & Trotter (1912)   Clathre à deux colonnes, Pince de crabe (カニノツメ)       Basidiomycota / Agaricomycetes / Phallales / Clathraceae Synonymes Laternea bicolumnata Kusano (1908) , in Lloyd, Mycological writings, 2, mycological notes n° 31, p. 405, fig. 242 (Basionyme) Clathrus bicolumnatus (Kusano) Saccardo & Trotter (1912) , Sylloge fungorum omnium hucusque cogitorum, 21, p.... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 16:14 - Commentaires [2] - Permalien [#]
Tags : ,
15 janvier 2018

53-56 ファーブルのカヤタケ・・・ナラタケモドキ Clitocybeae de Fabre

53 -Clitocybe infundibuliformis  【カヤタケ】    《1888年10月5日》解釈:Clitocybe clavipes (Pers. : Fr.) Kummer【和名:ホテイシメジ  (カヤタケ属)】       柄は下方に向かって膨らみ、傘が褐色のこの図版の種はどうもカヤタケではなさそうである。右端の若い子実体の傘には小さないぼ状の乳頭があり、上記の二つの特徴と合わせ、一番大きな子実体の傘の縁部が波状なのはこの種の典型的な特徴ではないにしても、多分ホテイシメジであろう。傘の色を少し濃く描きすぎたのではないかと思われるが、ひだの色もふつうこの種に見られるクリ-ム色ではない。       通常は広葉樹林に良く発生するが、ファ-ブルのキノコの柄の基部にも見えるように針葉樹林にも発生する。      ... [Lire la suite]

14 janvier 2018

50-52 ファーブルのアカカゴタケ、ホウキタケ属 Clathre et Clavaires

  50 -  Clathrus ruber        《1877年5月19日  》解釈: Clathrus ruber Pers. : Pers.異名: C. cancellatus仏名: Clathre grillagé, Lanterne rouge [籠茸、赤提灯 の意]【和名:アカカゴタケ(アカカゴタケ属)】       図版の三つのキノコは、この不思議な種の成長過程がうまく要約されている。左のものは卵形で幼菌の段階であり、落葉や腐植土の中に埋もれている。右は《孵化》の始まりで膜質の《殻》が割れ始めたところ。そして真ん中のものは完全に成長した状態で、殻の名残がつぼを形成し、その基部の菌糸紐によって栄養が運ばれている。       とても美しい不思議なアカカゴタケは暑さや湿気を好み、南仏や大西洋岸、バスク国、シャラント地方、ブルターニュ地方、時にはノルマンディー地方、に限って分布する。  ... [Lire la suite]
12 janvier 2018

p.83-90 ジャン・アンリ ファ-ブルの菌学の作品 l'oeuvre mycologique de J.H. Fabre

     【83】   菌学者ジャン・アンリ・ファ-ブル!実際には、彼をこう呼んでも別に驚くことではないのだが、かの有名な大作である昆虫学の著作に隠れて、彼がキノコに興味を持っていたことはほとんど知られていないからである。いつの時代にも、キノコは人に不思議な魅力を感じさせてきた。ギリシャ・ロ-マ時代の作家達はキノコについて多くの突飛な理論をでっちあげたし、また今日でも、自分の庭にキノコが生えているのを見ると嬉しい驚きを覚える。さらに森の小道などでふと遠くにキノコを見つけて駆けつけ「ああ、ツマラナイタケだ!」と足蹴にしたとしても、それもやはりキノコに魅せられた証だと言えよう。   私達でもこうなのだから、自然に対する旺盛な好奇心の持ち主のファ-ブルが、キノコに大きな関心を持ったのもまったく当然であり、もちろんそれは幼い頃からであったとファ-ブルは晩年語っている。 ... [Lire la suite]
02 janvier 2018

Noms japonais de champignons à aiguillons (5) par Rokuya Imazeki

III. Noms d'espèces standards et vernaculaires (suite) C. Champignons à aiguillons (hydnés) 1.  Boletopsis leucomelas (Fr.) Fayod     Kuro-kawa 黒皮, クロカワ,  Peau noire (cuir noir). Kaménoko-motashi (Yamagata, Tochigi). 亀の子もたし, カメノコモタシ, « Champignon Petite tortue » (carapace). Kuro-gan-také (Kumamoto). 黒雁茸, クロガンタケ, « Champignon Oie noire » (plumage de l'oie cendrée). Kuro-hachi (Yamagata). 黒鉢, クロハチ, « Bol noir » (bol retourné). Kuro-kawa (Okayama, Tottori, Wakayama). « Peau noire ». Kuro-kinoko... [Lire la suite]
23 décembre 2017

Amanite ibotengutaké (イボテングタケ)

Amanita ibotengutake T. Oda, C. Tanaka & M. Tsuda (2002) T. , Mycological progress, 1(4), p. 360    Amanite ibotengutaké (イボテングタケ), Panthère verruqueuse, Panthère des pins       Basidiomycota / Agaricomycetes / Agaricales / Amanitaceae Synonymes Amanita pantherina ss. auct. Japon. p.p. Chapeau 7-16(20) cm, hémisphérique, puis convexe à plan, à marge souvent enroulée; cuticule brun foncé à brun jaunâtre ou brun... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 16:56 - Commentaires [0] - Permalien [#]
Tags : ,