31 octobre 2017

II Usage médicinal des polypores - Daniel Thoen

II. Usage médicinal      « La médecine en faisait autrefois un usage assez fréquent, aujourd'hui cet usage est à peu près entièrement abandonné ; mais sans doute on y reviendra, car le plus souvent en médecine, après avoir longtemps délaissé, sans trop savoir pourquoi, l'usage de tels ou tels médicaments, un jour vient qu'elle les sort de l'oubli où elle les avait laissés. » CORDIER, F. S. 1870, Les Champignons de la France, p. 218.     Si l'on en croit BULLER (1975, p. 47) et AINSWORTH (1976, p.... [Lire la suite]

25 octobre 2017

p.3-68 ジャン・アンリ・ファ-ブルの きのこ

ジャン・アンリ・ファ-ブルの きのこ 監修    クロ-ド・コサネル     国立自然史博物館教授     昆虫学研究所長       ファ-ブルのアルマス博物館長   著者     クロ-ド・コサネル          イヴ・ドゥランジュ          パトリック・ジョリ           ディアヌ・ドゥ・マルジュリー     同朋社(CITADELLES)出版     ジャン・アンリ・ファ-ブルのきのこは Citadelles 社から出版された。    ... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 09:47 - Permalien [#]
Tags :
21 octobre 2017

181-190 ファ-ブルのベニタケ Russules de J.-H. Fabre

    181-  Russula adusta    《1893年3月20日描き直す》 解釈: Russula albonigra (Krombh.) Fr. 【albonigra=白黒】 【和名:なし、ベニタケ属、クロハツ節】       ファ-ブルが Russula adusta (Pers. : Fr.) Fr. 【コゲイロハツタケ】と同定した図版のキノコは、確かに左側の白いキノコの柄の下部は、ウラスジチャワンタケのような深い縦しわがあって、この種の特徴に一致する。しかしこの縦しわは安定したものではなく、図版の右側の黒いキノコにはそれが見られない。またこの特徴は時には近種の Russula densifolia (Secr.) Gill. 【クロハツモドキ】などにも見られる。       図版のキノコの傘、柄、肉の断面の著しい黒変は Russula nigricans (Bull.) Fr.... [Lire la suite]
21 octobre 2017

184 - 187 Russula integra ss. Fabre ファ-ブルのヨヘイジ

  184- Russula integra Linné 185- Russula integra    《1893年8月30日描き直す》   186- Russula integra       《1892年9月4日》 187- Russula integra   184 - 187 Russula integra解釈:不確かファ -ブルは、ほとんど同じ外観や色合いのこれら四枚の図版すべてを R. integra (L.)Fr.【ヨヘイジ】としている。図版185は184を描き直したものと思われる。図版186以外のキノコには、褐色の色合いが 見られず、カ-ミンや帯紫灰色の二つの色は、混ざり合うことなくそれぞれ単一の色で描かれている。し かし Integrinae 節では多くの色が混然としているのが普通である。当時の R.fusca Qu l.は現代解釈では多くの学者が R. integra としており、傘は褐色~黄褐色である。また f.purpurella Sing.は濃い紫色~赤紫色,f.grisella Sing.は灰色、また... [Lire la suite]
09 octobre 2017

p.3-33 ジャン・アンリ・ファ-ブルの きのこ

  【3】  ジャン・アンリ・ファ-ブルの きのこ 監修    クロ-ド・コサネル     国立自然史博物館教授     昆虫学研究所長       ファ-ブルのアルマス博物館長   著者     クロ-ド・コサネル          イヴ・ドゥランジュ          パトリック・ジョリ           ディアヌ・ドゥ・マルジュリー     同朋社(CITADELLES)出版     ジャン・アンリ・ファ-ブルのきのこは Citadelles 社から出版された。    ... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 10:40 - Permalien [#]
06 octobre 2017

Rouille du bambou ササ・タケ類赤衣病菌

  Stereostratum corticioides ( Berk. & Broome ) H.Magnus. 1899   Rouille du bambou ササ・タケ類赤衣病菌         Basidiomycota / Pucciniomycetes / Pucciniales / Pucciniaceae Synonymes Puccinia corticoides Berk. & Broome 1878 ; Dicaeoma corticoides (Berk. & Broome) Kuntze 1898 Macroscopie Couleur : Brun, Jaune, Orange Comestibilité sans intérêt Commentaires La "rouille du bambou",... [Lire la suite]
Posté par Ki-no-ko Fungi à 10:50 - Permalien [#]
Tags : , ,