ジャン・アンリ・ファ-ブルの きのこ

監修

  

    国立自然史博物館教授

    昆虫学研究所長

      ファ-ブルのアルマス博物館長

 

著者     クロ-ド・コサネル

         イヴ・ドゥランジュ

         パトリック・ジョリ

          ディアヌ・ドゥ・マルジュリー

 

  同朋社(CITADELLES)出版

 



  ジャン・アンリ・ファ-ブルのきのこは Citadelles 社から出版された。

 

  国立自然史博物館特に館長のジャック・ファブリエス氏のお蔭で、セリニャン市のアルマス博物館に保存されていたファ-ブルのきのこの水彩画が、初めて出版できたことを心からお礼を申し上げます。

 

きのこ図版の説明文はフランス菌学会の協力で以下の方々によって作成されました

 

指導

 パトリック・ジョリ

    フランス菌学会元会長、国立科学研究センター指導教授、国立自然史博物館隠花植研究所指導教授

 

説明文の著者

  ロジェ・カイユ-、ピエル・コラン、クリスチャン・ダグロン、シルヴァン・ドロン、エドワール・フィシェ、アンドレ・フランクーロン、ガストン・ガルニェ、パトリッス・ルロ-、ジェラール・マルタン、ギー・レデゥユ、モーリス・ロジェ。そのほか、この作品の出版に当たり多大なご協力を賜った方々に心から御礼を申し上げます。

 

水彩画の写真 ドミニック・ジュネ

 

 【7】

目次

                    【原本のページ番号】

                  序文  ..............   

現代の英雄ジャン・アンリ・ファ-ブル ... 11

ファ-ブルの科学者としての業績とその道のり  33

ファ-ブルの菌学の作品...... 83

   ..........115

きのこ図版の研究  ........117

用語例  .............119

きのこの水彩画..........125

参考文献.............439

学名索引.............443

和名索引.............445

 

 


 

     序文

 

    昆虫界の先唱者 Jean-Henri Fabre は、昆虫記の作者であり、高名な科学者であり、自然を愛した作家である。彼の優れた観察力と分析力はもちろんきのこの世界にも発揮された。きのこは虫のように完全な形を保存することができず、細部にわたる特徴や比較が難しいところから、ファ-ブルは水彩画に表した。しかしかって一度も絵の具を手にしたことはなかったので、独学をして遂にこのような独創的で素晴らしい作品を描きあげた。つまりファ-ブルとはこのような人であった。数年を費やして描かれた700枚近い水彩画は、精密さと優美さの宝庫であり、科学的文献として、また多くの情報が込められているとともに感受性を豊かにしてくれるものである。Harmas  と呼ばれたファ-ブルの家は、今では国立自然史博物館の管理の下に、彼の思い出の地でアルマス博物館となっている。プロヴァンス語の詩人フレデリック・ミストラルは、これら700枚の水彩画全部を自分の博物館に所有したいと申し出たが、アルマスではこの貴重な図版や《虫を愛した人》に関わる全てを大事に保存することにした。この敬愛すべき作品は、今迄アルマスを訪れたフランス人はもちろんのこと、多くの日本人、ロシア人、アメリカ人などにしか知られていなかった。科学的でまた同時に芸術的でもある、このわれわれの遺産の一つが、すべての人々の目に触れられるには、この稀有の作品の真髄ともいう221枚のきのこの図版を大々的に紹介しなければならなかった。こうした趣旨を実現するために専門家のチームが結成されたのである。

 

    各図版はそれぞれ専門家によって検討され、誰にでも分かるように簡単な説明文とともに紹介されている。主題の図版に先立ち、ファ-ブルと彼の作品を紹介するために次の三つの解説文が掲載されている。最初は、ファ-ブルの人間として、自然の語り手として、また情熱を注いだ対象などが書かれている。次は、ファ-ブルが歩んださまざまな苦難の人生が、段階を追って明らかにされ、プロヴァンス地方の昆虫学者、教育者、音楽家、プロヴァンス語再興の詩人、哲学者として、彼の作品がどのような過程で生み出されたのかが記されている。最後はファ-ブルの才能の中でもっとも知られざる面である、菌学者として彼が描いたきのこの水彩画である。

 

      これらの文章全般からは、ファ-ブルの豊かな感性がうかがわれる。自然の不思議に感動し、尽きることのない情熱、正確さと一徹さ、稀にみる鋭い観察力、ほんのつまらない虫にさえ愛情と理解を示したり、彼の故郷であるプロヴァンスのために身を捧げ、言葉を大事に選んで話しをする人であり、また自在に形や色を使いこなせる画家でもあった。

 

      文学者や科学者であるばかりでなく、彼はまた、人々がかくありたいとする模範的な人でもあった。厳格なまでの正直さと正確さ、温かい人柄が忍ばれる文章、自然へ寄せる親愛の情、自分の発見した喜びを他と共有したいという願望が彼に文章を書かせた。こういった能力は人々を魅了し、いかに自然が完全で不思議であるかを私達に教えてくれた。自然の探究者ジャン・アンリ・ファーブルは、私達を取り巻く多様で驚嘆すべき小さな虫の世界や、牧場や森に束の間の奇跡として発生するきのこの環境が永続できるには、この美しくて完全な自然をどのように保護していかなければならないかを、今私達に自覚させてくた。この本が読者に、ファ-ブルのプロヴァンスであるアルマスに、《セリニャンの師》の足跡を見いだしたいと出向かせたり、昆虫記を再読することによって、偉大な人をもっとよく知るきっかけとなるならば幸いである。

                  クロ-ド・コサネル

 

【欄外】

1.Citadelles 出版社はこの本の出版に当たり、アルマス博物館の修理費用に充当するため、著作権使用料を国立自然史博物館に還元できたことを幸せに思う。

 


 

 

60才のジャン・アンリ・ファ-ブル、Delagrave 出版社、1914 年、ルグロ著、「ファ-ブルの人生」から引用。

 

60才のジャン・アンリ・ファ-ブル、Delagrave 出版社、1914 年、ルグロ著、「ファ-ブルの人生」から引用。

 


 

     

 

      詩人ミストラルが生まれる数年前、ルエルグ地方の小さな村、湧き水のかすかな音やツグミ、猪が訪れる静かなサン・レオンスにジャン・アンリ・ファ-ブルは生まれた。7才になったとき、小さな農業をしていた両親は彼を学校に入れた。学校とはいっても、鶏や子ぶたの数が生徒より多いといった所である。やがてこの少年は県庁のあるロデーズの学校に入り、そこで古代ローマの詩人ウェルギリウスを知る。しかし生活はますます苦しくなり、ギリシャ神話や詩を学ぶ代りに働かなければならなかった。あちこちと不安定で些細な仕事を求めて歩く道すがら、幼いころから友達であった、カブトムシやコガネムシのことは頭から離れることはなく、かなりのちになってアヴィニョン近郊を探索したときも、いつも一緒にいたのはこれらの虫であった。優れた知性、一徹さ、ラテン語や学問に秀でた才能のお蔭で、彼はカルパントラ市の小学校の教員になることができた。ファ-ブルの表現を借りれば《藁の未亡人になった椅子》しかないこの学校で、腕白小僧に教えながら自らも学んでいった。

 

      1844年、同じく教員のマリ・ヴィラールに出会うまでは、草や虫、石などがファ-ブルを夢中にさせたものであった。やがて子供が生まれたが、その子はほどなく亡くなっている。自然はかくも旺盛な繁殖力を多方面に示しているのに、初めての子供の喪、初めて死を身近に経験したことで、人生はかくも無慈悲で略奪的であるかを、この若さで知らねばならなかった。

 

      やっと極貧のここの職から免れて、コルシカ島のアジャクシオのリセに空席を見つけることができた。1849年、この地に赴任したファ-ブルは、花崗岩の山々の稜線に陶然とし、彼を熱中させる動物や植物を見出した。またここでファ-ブルは、精神的家族ともいえる、植物学者のルキアンと出会い、高名な昆虫学者レオン・デュフールの著作に接している。デュフールが研究している  Cerceris  属【ツチスガリ属】のハチは、巣の中に輝く宝石のような獲物の甲虫目を、麻痺させたまま保存する習性があり、それがいたく彼を魅了した。ファ-ブルは蘭の研究と同時にデュフールの研究テーマであるツチスガリ蜂類にも没頭していった。やがてこの二つの研究論文によって、ファ-ブルの名は知られ始め、ダーウインをして《比類なき観察者》と言わしめた。

 

      アヴィニョンに戻ったファ-ブルは、観察に必要な道具をロバとラバに乗せてヴァントゥ山に登った。その後、ヴィクトール・デュルイのお蔭で夜間の授業を受け持つことになった。それはいままで修道女に任されていた若い女子教育を、知識の向上をはかるために任されたものであった。そこではあらゆることが教材となり、中でも自然科学には多くの時間が費やされ、ファ-ブルの教育者としての天性の資質が、叙述や細部の語りに表われてきた。教室は多くの受講生でひしめきあい、生徒は修道院の少女ばかりでなく、詩人のフレデリック・ミストラルや、彼の友人で、ファ-ブルと植物採集にでかけたことのある有名な英国の経済学者であり哲学者のスチュアート・ミル、当時アヴィニョンで英語教師をしていた詩人のステファーヌ・マラルメなどであった。


 

 

Maison natale j-h-fabre_vignette3

rodez-1-web

s-l225

 【左】ベンジャマン・カリエールの絵、「ジャン・アンリ・ファ-ブルの生家」、1910年ころ、アヴェイロンのサン・レオンスにあるジャン・アンリ・ファ-ブル美術館。

【右上】若いジャン・アンリ・ファ-ブルが聖歌隊の少年だった「ロデーズの王立中学の礼拝堂」。画家トリスタン・リチャール。サンギュイヌ市、ルイ・リチャール氏のコレクション。

【右下】「カルパントラ」、1835年、ロウシュ氏によるボネの版画。ルマニーユ出版社の資料。

 

 

      この成功の日々の後には再び艱難辛苦が待ち受けていた。教会の迷信深いおばあさん達は、植物の受精の秘密が暴露されることに我慢できず、ファ-ブルを危険人物で陰謀家で猥褻であると糾弾した。人々にショックを与えたと思われていることに逆にショックを受けたファ-ブルは、オランジュ市に引き篭り内省にふけった。このスキャンダルのあと、自然の美と神秘を一般に普及化することに情熱を傾け、1870年から1879年の間に、80冊に近い教科書を書いている。10,000ページにも及ぶこれらのテキストは、カルパントラ以来使い続けてきた小さな移動テーブルの上で書かれたものである。 1878年、「昆虫の思い出」【日本語訳は昆虫記】を書き始めたファ-ブルにとって、それ以上に重大だったのは、熱心な協力者であった息子のジュルの死であり、あまりもの悲しみの深さに彼自身も死ぬのではないかと思った。喪から作品へ、他の作家同様ファ-ブルも、書くことで不幸を昇華させ、昆虫学の思い出2巻目を書き上げて息子に献呈している。《あの世での復活を断固と信念する》ことは彼を強くしていった。この作品にはいかに自然が不当で貪欲か、昆虫の短くも輝かしい一生を通してあらゆる方面から書かれている。

 


 

p 13 a画家  シャントロン(父)。「アヴィニョンの風景、1834年」。水彩画、アヴィニョン市、カルヴェ美術館。

p 13 b画家  ジャン・フランソワ・ペラルディ。アジャクシヨの風景、1882年。アジャクシヨ、フェッシュ美術館。

 


 

 

IMG_0018 (2)

セリニャン・デュ・コンタにあるファ-ブルの所有するアルマスの敷地内。[1992 Toshie GUEZ)

 

     ずうっと以前からあまり町が好きではなかったファーブルは、このたび町を離れる決意をして、オランジュ市から数キロメートルの所にある《アザミや膜翅目の昆虫に最適な土地》セリニャンに居を構えた。それが彼の終生の住処アルマスである。耳をつんざくようなセミの鳴声に悩まされながらも、そこは彼にとって生きた研究室であり天国であった。ファ-ブルは、アルマスの孤独な生活の中で、素朴さと複雑さを併せもった性格のおもむくままに生きた。謙虚さと怒りっぽさ、傲慢さとユーモラスさ、ラブレー風の陽気で露骨な面と夢想家、燃えるような黒いひとみの生来の学者-芸術家、生涯自問し続けた思索家は《自分の死を観察する》ほどであった。

 

      遅すぎたが栄誉はやってきた。1910年に50年間の研究の功績をたたえて表彰され、エドモン・ロスタン、ロマン・ローラン、メーテルリンクから賛辞を受けた。寄る年なみで肉体は衰え、読書もままならなくなってもまだ、人に創世記を読んでもらいながら、この夢想家の顔には預言者の冷静さが保たれていた。彼は自分の墓に《死は生の終焉ではなくもっと高度な世界への始まりである》と刻ましている。もしこの偉大な人物を格言的に言えば「決して恐れを知らなかった人である」。

 

      例えば尊敬する師であるレオミュ-ルの研究の手直しや補足をすることを躊躇せず、生態環境や天敵を利用して防除する方法の先駆者となったり、観察のために虫メガネを持って茂みにしゃがんで何回も隣人を狼狽させたり、時間の経過や老齢を恐れなかった。64才でやもめになった時、20才の若い娘と結婚している。実に若さですら彼を恐れさせるものではなかった。二回の結婚で八人の子供をもうけたファ-ブルは、ごく若い協力者達を愛し、たとえば特定の虫には宝物である牛糞探しの遠征に彼らを送り出すことを好んだ。しかし嫌いなものもあった。それは愚鈍と騒音、動物実験ばかりの研究室、《嫌悪すべき政治屋》、唾棄すべきは  死後の世界や生の起源について、性急あるいは不用意な宣言をすることであった。

 

p15_a_Serignan_instal

p15_b_Louis_et_Marius

 

p15_c_Sculpteur

 

p15_d_visite_1913_

p15_e_Ministre_d_part

【左上】セリニャンに引越した当時のファ-ブル。最初の妻、子供たち、友人(ルグロの著作から転載)。

【右上】セリニャンの《名士》:ルイ・  シャラス、ファ-ブル、マリウス・  ギュイグ(ルグロの著作から転載)。

【中】1909年、彫刻家シカ-ルの前で自分の胸像のためにポーズをとるファ-ブル。アヴィニョンのル-ル宮殿古文書館所蔵。

【左下】1913年8月、チエリー大臣の訪問を待つファ-ブルと家族。アヴィニョンのルール宮殿古文書館所蔵。

【右下】アルマスを去るチエリー大臣アヴィニョンのルール宮殿古文書館所蔵。

 


 

   虫記には全編を通じて、ファ-ブルが昆虫の生命活動とその秘密である交尾や産卵の瞬間に立ち会いたいという強い願望がいたるところに感じられる。しかし多くの虫が夜行性であり、この好奇心を満足させるのは非常に困難である。所有地アルマスに落ち着いたファ-ブルは、彼の地上の楽園を休みなく動き回って、そこにヒヤシンスやアマリリスといった花に加えて、危険性の少ないいくつかの《虫を捕獲する植物》を植えるつもりであった。晩年になってからもファ-ブルは、新しい方式を好んで試みた。それは培養基として1ダースくらいの死んだモグラを土に埋めて腐敗させ、幼虫の発生を促し、それを捕食する虫が群がっているのを見るのが好きであった。有名な生理学者のクロード・ベルナールの信奉者であるファ-ブルは、彼と同様、観察だけでなく必ず実験してみなければ満足できず、こうしてアルマスの生きた研究室の《腐敗場》で集められた虫のコレクションは、長い苦労の年月を代償とするものだった。

 

p16

ラングドックサソリナルボンヌコモリグモの決闘。この写真は息子のポール・ファ-ブルが Delagrave 版、
アンリ・ファ-ブルの作品「昆虫」のために写す。

 

      これら10巻の昆虫の思い出【昆虫記】には、ファ-ブルが虫の生態に興味を向ける動機となったと思われるいくつかの子供のころの思い出があちこちに散見される。例えば子供のファ-ブルが、肉屋が隠し持ったほんの小さなナイフで牛の首筋を一突きして殺したり、蜘蛛の毒牙にかかったバッタが麻痺して身動きできないでいる場面などを目撃したことと関係があることは間違いない。肉屋の一突きで牛は肢を折って屈服した!ハチ類もその刺針で獲物の神経中枢を一撃できるのではないか?ジガバチは《解剖学に熟知した執刀医》だとファ-ブルが言っているように、どう見ても《外科手術においては昆虫は人間を上回っている》。進化論と突然変異説を強く否定するファ-ブルは、《昆虫はすでに最初から完全な本能を持って生まれている。虫は自分の息子に何の技法も伝達する必要はないが、人間はそうはいかない》と主張する。すでに選択の余地はない《あるジガバチにはコオロギが必要であり、別の種にはバッタ...がというように既に決められた食料以外は何も受けつけない》。

 


 

      しかしファ-ブルは《昆虫心理学に関する断章》(昆虫記第二巻)に書いているように、ものごとを理想化する人ではない。誰もファ-ブルのように、昆虫記の《帰巣》の章にあるような、本能と知力の悲劇的な相違をうまく書いたことはない。虫にある種の記憶があることをファ-ブルは承認しているが、それはあくまでも既知の一つの行動の繰り返しには有効であるが、新しいできごとや未知のものには全く無力である。本能は型どおりのものにしか通用しない。知力は不意の困難や惨事に正面から対峙しようとする。《動物の心理》はさまざまであっても、問題を予測することができない点で限定される。昆虫には場所に対する本当の記憶はないようであり、人によって作為的に住む環境を変えられても、未知だということを知る能力がない。しかし、人間にはない一種の能力によってしばしば帰り道を見つけている。ファ-ブルは書いている《私は実験によって次のことをお見せしよう。この一種の能力がその範囲は狭いがどれほど繊細で正確であるか、また反対に通常の条件からはみ出すとどれほど偏狭で融通のきかないものであるか。これは本能にいつも見られる対立である》(1巻「帰巣」)。

 

17_les_Ravageurs_du_verger果樹を食い荒らす昆虫。イラスト:ポール・メリー、ジャン・アンリ・ファ-ブルの作品「害虫」、1939年再版、Delagrave 版から。

 

      雌ハナダカバチの場合を見てみよう。いろいろの仕掛けをして巣の入り口を塞いでみるが、いつもなんなく見つけ出す能力は驚嘆すべきものである。母親は幼虫を養うためになんとしてでも巣の中に入りたいが、もしこの戸を取り除くと、頑固にいつまでもなくなってしまった巣の入り口のあったところを探していた。母親にとって通り抜けのできない玄関は癒すことのできない心に受けたショックのようなものである。戸によって保護されていた幼虫は今や裸で《苦悶》し、《灼熱の太陽にさらされ、餌の噛みすてられたハエ類の山の上でのたうち回っている》が、母親には幼虫のところまでもう少し通路を堀り進めるといった考えはないようである。自分の子供ではないか!習慣に縛られ、限られた自分の記憶に頼り、不意のことには対応できない雌ハナダカバチには、いつもの門をみつけようと必至だが、それが見つからないので子供を認識できず、《母親からの何の助けも得られない子供は死にかかっている》。一連の出来事はすべて一定の順序でつながっており、たった一つでも欠けると全てが挫折する。昆虫に一生を捧げたファ-ブルは、賢人のように《知力と本能との間には何という深淵があることか!知力で行動する母親は瓦礫のなかを通ってまっすくに息子にたどりつくが、本能に導かれる母親はかつて門であったところに頑固にたたずんでいる。》さらに《われわれの論理は虫にとって非論理的である。昆虫は運命を無意識に甘受する。行動を選択することができない》、《未知の壁》の前の定めの悲劇である。

 



      虫の本能に不思議な限界があるのは、人間にとっては知力の限界のようなものである。小説によれば、人間は一番優れた知力を有すると書かれているが、いつも無思慮な繰り返しと同じパターンの恋に陥り、わざわざ自らを窮地に追い込んでいるではないか。

 

      しかしもし雌ジガバチが、時に自分の子供を見失うのが母性本能と呼ばれるものの欠如と言うならば、父性本能はほとんど昆虫にはないといえるだろう。《すべての雄が生殖に激しい情熱を示し、満足の時が過ぎれば、すぐに夫婦関係は終り、子供の将来は成り行きまかせで心配もせずにどこかへ行ってしまう》。またファ-ブルは昆虫と燕を比較しながら、燕は夫婦で協力して働くが、モンシロチョウのなまけ者の亭主には非難を浴びせている《働かないほんとうの理由は無能だからである。》しかしこのふしだらな世界にも、働き者の糞虫のセンチコガネのような多くの例外がある。ファ-ブルは優れた教師であり、子供の教育に熱心な父親で、自分のごく若いファン達を早熟な研究者に仕上げ、小さ Sisyphe(1)つまりアシナガタマオシコガネについて長いスペースを割いて記述している。この糞虫に Sisyphe とはうまい名前をつけたものだが、ギリシャ神話の悲劇の英雄とは違って、彼らは《陽気さと屈託のなさ》で険しい斜面を懸命に押し上げる。ファ-ブルはこの神話が気に入っている、それはいくらか自分の困難な人生、愛する息子のジュルの死、長年の貧窮生活に耐えた家族が《たった一つの罪、貧乏の罪をあがなう者》の物語に似ているからである。

 

18_Le_Scarabee_sacres_small糞(ヒジリ) の団子を梨形にこねている聖たまおしこがね。

ポール・ファ-ブルの写真、「昆虫」から転用。

 

      彼の野外実験室アルマスは《この地方ではイブキジャコウソウの茂るままに放置された石ころだらけの荒れ地をアルマスと呼ぶ》、手強い雑草のシバムギ、ヤグルマギク類、アザミ類などの生い茂った王国であり、膜翅目の天国である。ファ-ブルがこの土地を手にいれたのは、40年もの苦労ののち、夭逝した息子に献呈した昆虫記を書いている途中であった。このような背景からファ-ブルの作品には二つの傾向が窺われる。一つは美に対し喜びと驚きを表わし、もう一つは、いたるところで他の生命を噛みながら作動している死に対する深い認識である。詩人のミシュレは虫をほとんど親しい友とし《愛はかれらに羽をあたえた、素晴らしい虹色の光彩、炎さえ見られる...私生児に創意に富んだ保護が続くように、母性の驚くべ慧眼》という。ところが真の昆虫学者ファ-ブルは、正確に昆虫の残忍な習性を記述し続けた。虫にとって死はいつも隣り合わせにあり、他を殺しそして他に殺されるのが常である。自然界に寄生はつきものであり《生はそれ自体大規模な略奪である。自然は自分自身をむさぼり食い、一つの胃袋から他の胃袋を経ながら物質は命を長らえている。生き物の宴会ではそれぞれが次々に会食者であり、料理にされる。今日食う者は、明日食われる...すべては生きたものあるいは生きていたもので生きている寄生である》。(昆虫記3巻「寄生虫」)。

【1.訳者註-(ギリシャ神話)コリントスの王シシュフォス、アイオロスの子、地獄で山頂に上げてもすぐ落ちてくる岩を永遠に転がし上げ続けるという刑罰を科された。】

 


 

      昆虫の《小説家》が人間の風習を書く小説家に合流したことで、ファ-ブルの大作家としての才能が浮び上がってきた。そもそも多くの作家は他人を食いものにするヴァンピリズムを好んで小説のテーマにするが、中でもヘンリー・ジェームスは、相手の若さか、もしそれがなければ美貌やお金を利用する人間、あるいは秘密の保持に万全を期すといったもつれた人間関係の糸を解きほぐす名人ではないだろうか。愛もしばしば完全無欠な寄生の一種ではないかと思う。昆虫界ではこの愛は他の生を奪うまでにいたる。《人間こそ偉大な寄生者であり、食べられる物ならなんでも強欲に独占したがる》とファ-ブルは結んでいる。これは悲観論ではなく、偏見のない現実主義である。ファ-ブルはしばしば人間を虫と比較することはあっても、ラ・フォンテーヌやグランヴィルと違って、虫を擬人化することはない。

19_Carabesキンイロオサムシがご馳走のマツノコフキコガネを食べているところ。

ポール・ファ-ブルの写真、「昆虫」から。

 

          ること、知ること、それは生の根源を理解し解明することである。ファ-ブルを魅了するのは起源であり、それは生き続けるための苦しい闘争である。《幼虫は白っぽくて裸、それに盲目といえば地下生活の常で、その姿は槍の先のようであり少々オサムシを思わせる。黒い顎は強靭で優れた解剖用の挟みである...》とファ-ブルは甲虫目の幼虫について書いている(昆虫記6巻「モンシデムシ」)。幼虫はすでにまばゆいばかりに武装しているが、しかしまだ自立にはいたらず、成虫になる前のこの最初の段階から、さなぎへと変身していくための準備期間には目を見張るものがある。《産着に包み込まれたミイラのような幼虫は、不動のまま蘇生するのを待っている。柔らかい肉はほとんど液体に近く、両脇から延びた水晶のように透明な四肢は不動のままで、ほんの僅かの動きさえも、このえも言われぬ繊細な仕事に支障をきたすことを恐れるかのようである。このような幼虫が、われわれの知っている昆虫に変身するという不思議が、ファ-ブルの好奇心をいたく刺激したことは確かである。

 



         昆虫界の死を含む生の情熱と変身の不思議は、人間の本質的な悲劇そのものであり、それが虫に取りつかれた作家に、隠喩と象徴のインスピレーションを与えた。虫には二つの生があるようだ。一つは幼虫として暗闇の中での長い準備期間、次は成虫へと驀進し飛翔する束の間の命、死の嵐の前の一閃の時である。このあまりにも異なる二つの生は、同じ生物であるとは思えないが、人間の子供と大人ほどに、蛹と成虫の境界は見かけだけのものである。ミシュレは「虫」の中で《私は何回も幼虫から蛹へと変身した》と告白している。

 

      ファ-ブルを熱中させた「生の起源と束の間の栄光の頂点」という考えは彼を哲学者にする。隔世遺伝に興味を持ちながら多くの問題に答が出せないことを彼自身認めている。《遺伝という言葉の裏のなんという暗闇!...生命の根源の秘密を説明しようなどと思い上がらないで、野心は観察できる範囲に留めておこう。》(6巻「隔世遺伝」)。昆虫に寄せるこの情熱が一体どこから来たのか、その謎がファ-ブルに自分を語らせている。ルエルグ地方で執行吏をしていた母方の祖父を彼は知らない。祖母についてはさらに《サラダ菜に青虫を見つけると思わず飛び上り殺してしまう》くらいしか知らない。しかし父方の祖父母は良く知っている。彼らは土地を耕し、牛と羊の飼育には詳しかった。もし彼らの孫が虫に一生を費やすことを知ったら大騒ぎをしたことだろう。父は《家系中で町にあこがれる一番手であった。それがかえって仇となった。...不運に付きまとわれ続けた》。

 

      そんな訳で母方の祖父母に預けられたファ-ブルは、バッタの「きりきり」という鳴き声や、じゃがいもの花が紫色だということを発見した。学校では壁に掛かった「さ迷うユダヤ人」と「ジュヌヴィエヴ・ドゥ・ブラバンと凶悪なゴロ」の色つきの絵に見とれていた。生徒はアルファベットの本を眺めて「瞑想」していなければならないが、《われわれの瞑想は、しょっちゅう何かに邪魔されてうまくいかなかった。それは、大鍋のじゃがいもを失敬したり、ビー玉のことで仲間と喧嘩したり、子豚はぶうぶうと侵入してくるし、ひよこの訪問》といったことなどであった。ファ-ブルの先生は床屋で、牧師や村長や公証人といった村の《名士》の髭を剃っていたが、さらに教会の鐘を撞き、聖歌隊の歌い手でもあった。つまりなんでも屋である。

 

p 20 Fabre interieur-maison_w2000

 

復元されたファ-ブルの生家の台所。

サン・レオン・デュ・レヴズ村にあるマリー・ガルヴァダによって創設されたファ-ブル博物館。

 


 

Sphinx tete de mort Rosenhof_5

され髑髏のスフィンクス【アフリカメンガタスズメ】。

ローゼン・フォン・ローゼンホフの「Divertissements entomologiques」から、1740-1761年。

 

      遺伝でも環境からでもないとしたら、一体ファ-ブルの虫に対する情熱はどこからきたのだろうか。ファ-ブルが野外学級に学んだということだけでもかなりの説明がつくと思う。彼が気に入った最初の絵はABCの表紙の鳩であり、次は彼が7才の時父親が町から買ってきた《6リヤール銅貨ほどの絵で、そこにはアルファベットを教えるために、あらゆる種類の動物がその頭文字と共に描かれていた》。これで決まった!、動物界は未来の昆虫学者を確保したことになる。これらの絵が彼の気に入った理由は、隔世遺伝か本能かあるいは突然変異か本当のところは分からない。われわれでもこの人生で何がしたいかを見つけることはできても、それが何に由来するかを知ることはできない(自分の起源を求めて多くの作家が未知の壁にぶっつかっている)。

 

      昆虫記にはいたるところに、小さな虫の生を通じて、ファ-ブルの思い出が葉っぱの裏や石を剥ぐると飛び出してくる玉虫色の甲虫のように見受けられる。彼は謙虚さと具体的なものを好み、目で見たものしか信用せず、抽象的な推測にまかせるようなことは決してなかった。このような厳しい見方が、明晰さと切り放すことのできない謙虚さを、彼に自覚させたのではなかろうか。ファ-ブルはジェームス同様、人間は《何事においても完全を知ることはできない》と認めている。何故ある種の蝶の雌は、オオクジャクガの雌のように雄を引きつけないのだろうか。同じ外観の近種どうしであっても《器官が能力の有無を決定しない。ある種はその能力を備え、別の種はそうではない》のは何故かとファ-ブルは自問している。昆虫は多くの謎を秘めているところから、ミシュレは《闇の子》と呼んだ。同じくポール・ヴァレリーは貝殻について思考し《われわれは器官については多くのことを知っているが、生の機能についてはほとんど知らない...自分ができることしか理解できない。》と書き《石灰質で、からっぽで、螺旋形のこの小さな物体は多くの省察を要するが、どれも解答を得ることはできないものばかりである...》と結んでいる。キンイロハナムグリの甲皮や巻き貝のように生命を保護していた名残りを見ると、私達も同じように考える。この謎を受け入れながら真実を求め続けるファ-ブルは、ラ・フォンテーヌの面白い寓話「せみとあり」に憤慨した。この寓話は先見の明があるアリを捧げるために、軽薄な一匹のセミが犠牲にされた話である(5巻「蝉と蟻の寓話」)。この事実に反する評価を粉砕するのを使命と考えたファ-ブルは、擁護者として、寛大な蝉への賛歌を数ページにわたって書いている《蟻は貪欲な搾取者であり、貯蔵庫には食べられるものなら何でもしまい込んでいる》。《7月、午後の蒸し暑い時間に、喉が渇いてへとへとになった平民の虫どもが、枯れた花の上で渇きをいやそうと無駄骨を折っているとき、蝉はかれらの渇きを気にも留めなかった。細いねじれ錐のような口吻で、汲めども尽きない酒蔵のたるの一つに孔をあけた...固くて滑らかな樹皮は太陽が成熟させた樹液で膨らんでいる》。しかし蝉が樹皮まで吸い上げた蜜を、ほかの虫が盗もうとしたが、とりわけ蟻は執拗であった。そのしばらく後、子供を地下に避難させるとまもなく蝉は死んでしまった。そのとき蟻は駆けつけて、蝉を切り裂きむさぼり食った。蝉は蜜を盗まれ、自分まで食われてしまったのである。これが悲しいかな現実の姿であり、地に落ちた蝉の名誉は、ファ-ブルによって回復された。しかしながらファ-ブルは、しつこく甲高い蝉の鳴声には、夜鳴きナイチンゲールのトリル同様辟易していた。彼の観察には静寂が必要であった。なによりもまずファ-ブルは、慎重さと客観性を重視した。《学説を立てるなぞはあまり私の性分ではない。私はそれらに不信を抱いており、疑わしい前提で、あいまいな議論をすることもやはり私の気に入らない。私は観察をして確かめたあとは、事実に任せるだけである。》。《本能は持って生れた能力であるのか、あるいは後天的なものなのか、今度は各自が決めることである。》(3巻「危険な食物」)。

 

         ーヴ・ドゥランジュが彼のエッセーのなかで強調しているように、ファ-ブルは第一に独学者であり、現実主義者であって体系の構築者ではない。彼は喜んで聖・トーマスと自分とを比較している《聖・トーマスの不屈の弟子である私は、承諾と言う前に、一度ばかりではなく、二度、三度いや何回でも、私の疑念が証拠の重みに屈服する迄、自分で見てそして触って確かめてみたいのだ。(7巻「クビナガハムシ」)。

 

    ファ-ブルは研究中に何回も、自然によって与えられたプログラムの中に異常や弱点があり、昆虫はよく偽物に騙されやすいことを確認している。たとえば残忍なナルボンヌコモリグモは 《愚か》 なので簡単に騙すことができる。彼女が作った産卵用の小嚢の代わりに、ファ-ブルはアカオニグモの作品を置いた。この《愚か者》は自分のものかどうかの区別もできず、孵化の時期になってやっと自分が騙されたことに気がつくのである。彼女はその袋を見捨てた。クモの知恵を欺くのは難しくないが、ファ-ブルは《ナルボンヌコモリグモの馬鹿さ加減には面食らう》と認めている。(8巻「ナルボンヌコモリグモ」)。

 

      堂々と張りめぐらされたコガネグモの幾何学的で薄い張り網の中心には、クモとつながっている一本の紐がある。もし獲物が掛かったら、網の振動だけでは十分ではなく、紐が《警報機》の役割をする。もしこの紐を切るとクモは知らずにいつまでも獲物を待っている(9巻「オニグモ属。電信線」)。こうしてファ-ブルは、虫における厳密なプログラムを信頼しながらも、どこかにその欠陥を発見して、すべての謎が解明できないことを知っている。昆虫学者は彼自身一匹の虫であり、死がむき出しになるまで真実をかじっていくのである。

 


 

      ファ-ブルを熱中させたもう一つのテーマは、彼が「性別による食料の割当」(3巻)の章で素晴らしい分析をしているように、昆虫界における母権の強大さである(このテーマは多くの小説家に、男女の役割を逆にした強い女と、女の食い物になるのが幸福あるいは不幸な男の話を書かせている)。《それは母親である、母親だけが苦労して地下の坑道や小部屋を掘る、土と唾液をこねて小部屋の壁を塗る、セメントと砂利で住居を積み上げる、木に穴を開けて通路をいくつかの階に仕切る、円く切った葉を合せて蜜壷を作り、松が傷口から流す涙の樹脂を集めてかたつむりの空き家に天井を築く、獲物を捕らえ、麻痺させて家まで引っ張って帰る...この大変な骨折り仕事には、強力な肉体が必要なのは明らかであるが、恋にうつつをぬかしている雄にはまったく不必要なものである》。虫の世界は、しばしばコレットの小説に見られるごとく、雄は受精用の恋人であり、雌は仕事と生存の責任者である。

 

      プルーストについてはよく知られていることだが、彼の作品はほとんど残酷さの研究書である。ファ-ブルが昆虫における残虐行為の素晴らしい分析家であるのは確かである。プルーストが自分の小説の中で、台所女中に対し心理的虐待をするフランソワーズという女性の人物描写をしているが、そこには最初からファ-ブルを参考として引用している《膜翅目の土掘り蜂の母親に見られるように、自分が死んだのちも、新鮮な肉を子供が食べられるように、解剖学の知識を呼び起こし、ゾウムシやクモを捕らえると、肢の動きを司っている神経中枢に見事に針を突き刺すのは、他の生命活動に支障がないように麻痺させるためであり...やがて幼虫が孵化すると、おとなしくて無害な獲物の餌を...と同じように、フランソワーズはしばしばこの女中にアスパラガスの下拵えをさせたのは、彼女がこの剥いた皮で、激しいぜん息発作を起こすことを知っていたからである》。

 

      昆虫にとっては本能であるが、プルーストの登場人物のは悪知恵である。またシャルリュスとジュピアンの出会いも、蘭とマルハナバチの関係のように、自然の摂理によって決められたことである。プルーストの花粉を記述した箇所は忘れることができない。花から花へ立ちこめる薄い雲のような花粉は神秘に震えている。彼は画家のエルスチルにこれを描かせたかったという。ファ-ブル、プルースト、ミシュレ、といった作家の誰もが、目に見えない精気の循環、仕掛けられた罠、反乱の企て、闇の中の小さな殺戮などの、自然の中で見過ごされてしまうような些細な行為に、いつも引きつけられる。ファ-ブルは犠牲者の弱点や、使用される武器にきわめて大きな関心を示した。彼が記述する虫の武器の語彙は、昆虫学者や陰の犯罪を専門とする詩人を喜ばせた。やっとこ、のこ、串、圧延機、はさみ、刺針、針、毒鈎、牙、フックなどを駆使してまたたく間に殺人をやってのける。《夜になるとあたりは静寂と休息に包まれるが、時にはこの休息が破られることがある。プラタナスのこんもりした繁みのどこかで、突然、鋭く、短い恐怖の叫びが上がる。これは安らぎの不意を突かれた蝉の必死の悲鳴であり、マンシュウヤブキリが蝉の腹を切り裂いて中を漁っていた》。残酷さは再びファ-ブルの毛虫《殺し》の中で記述されている。《怪物の背中にしがみついた蜂は、腹部を曲げ、まるで自分の患者の人体内部を知り尽くしている外科医のように、整然としかもあわてることなく腹面からメスを入れ...》

 


 

 

p 24 photo Paul Fabre【上】向き合ったマンシュウヤブキリの夫婦が触角を擦り合せている。

【下】アオヤブキリが蝉をむさぼり食っている。写真:ポール・ファ-ブル,「昆虫」から。

 

      特にファ-ブルの注意を喚起したのは、獲物をいかに麻痺させるかであった。《ジガバチの物語全体を支配しているのは、母虫が幼虫の安全のために、いかに獲物を無害な状態で保存しうるのか、その方法に大きな関心があった。》(一巻「ジガバチ」)。

 

      ファ-ブルは、殺戮者カマキリノの動向について素晴らしい記述をしている。《お祈りを唱えている様子の裏には残忍性が秘められている》(5巻「カマキリ、狩猟」)。したがって昆虫学者は、同時に人生の非情さを自覚しているモラリストでもある。昆虫の研究は謎、はかなさ、暗闇界、生と死の不変の循環といった感覚を鋭くする。昆虫学者のファ-ブルは、緻密なメスの正確さと現象の解釈、あるいは本能の限界と変身の謎を共有することで、隠された生命の循環を書く小説家、顕微鏡による占い師、果てしなく続く殺戮の忍耐強い証人である。昆虫界は、囮、毒液、完全犯罪すらもくろみ、しばしばヒッチコックの映画のように、犠牲者はあっけなく食人鬼に飲み込まれて消えてしまう。どれだけ雄を飲み込んだり齧ったりしたことか、どれだけの母親が、アヅチグモの母親のように子供の下で衰え死んでいったことか。この不道徳な昆虫本来の残酷さは、ファ-ブルにオサムシの死について、素晴らしい記述をさせている。ガラスの覆いの中に一つがいのオサムシを入れて一晩放置すると、翌朝、雄は元気な様子に見える。近付いてよく見ると、誇り高く立ってはいるものの、すでに玉虫色の昆虫はもぬけの殻であった。しかし昆虫記の中で一番残酷なのはツチハンミョウ類の恋の記述であろう(3巻)。《雄は腹部をできるだけ伸ばして、雌の腹部を激しく打ちつける...これは熱狂的な洗濯べらの集中攻撃である。雄は狂ったように受刑者の首を鞭打っている》。その間《求婚された雌》は自分の葉っぱをかじっている。とうとう雌は受け入れ、20時間くらいの交尾の後、雄は雌に引きずられながらしおれた葉っぱのように疲れ切っていた。

 



      ジャック・ラカリエールは、動物の世界にうまく入り込み、彼の作品「樹皮の下の世界」で、バッタの目は裏箔のない鏡のようで、そこに自分の姿を写し出されるのは恐ろしいと書いている。彼もファ-ブル同様 《この生殖のサイクル、この疲れを知らぬ産卵、この赤ちゃん製造工場、この果ての無いかゆ、ゼリー、精子、粘液の放出...》 とすさまじい生命力の記述をしている。ファ-ブルは虫が殺意の混じる凶暴さを持っているのを認めている。《カマキリの雌は役目の終った恋人をむさぼり食い、カラフトギスの母親は不具になった夫の肢をかじり、産卵を地中で終えたお人好しのコオロギは、悲劇的な夫婦喧嘩を始め、それはまったくためらいもなくおたがいの腹を裂き合うまで続けられる。子供の世話が終ると、生の喜びも終るのだ》。

 

      ああ、何と矛盾する昆虫の本能よ!この本能は、ファ-ブルのように優れた鑑識眼がないと見ることはできない。ジァン・ロスタンによれば、ダーウインは純真無垢な蘭に恋をして《私はほとんど頭がおかしくなってしまった...まだどんな虫も訪れていない若い花に、尖った先を差し込むとどうなるのかをルーペで監視するのは実に壮麗なことである》。それはフィリップ・ゴスが呼ぶところの《覗きの快楽》、あるいはロスタンの 《小さな生き物の私生活への侵犯の快楽》 である。しかしファ-ブルにとって観察とは、孤独であり、待つことであり、静寂を希求することであり、きわめて小さな世界に対しほとんど神秘的ともいえる注意を払うことである。昆虫記の「ヴァントウー登山」とファ-ブルの所有地「アルマス」の章を読んでみよう。そこにはファ-ブルの観察が、ほとんど束の間の生命が、秘に次の生命を準備している昆虫の隠れた生命活動に対する霊的追及にまで至っているのに気がつかれるであろう。

 

p 25 Fabreミツカドセンチコガネの観察装置の前に立つファ-ブル、「昆虫記」、1870年-1889年、Delagrave 版。

 


 

p 26 Scarabée crassipèdeScarabée crassipède 【太足たまおしこがね】オリヴィエ著、

「昆虫学あるいは甲虫目の昆虫の自然史」1789年 パリ、国立自然史博物館。

 

      自然科学者も作家同様、生の不思議に立ち会うには、塀で隔てられた静かな場所が必要である。ミシュレーも書いているが、自然科学者は《人間社会と時間のらち外にいなければならない》。ファ-ブルはアルマスを塀で囲み、プル-ストは防音のために自分の個室にコルクを張り巡らした。メーテルリンクの愛読者であったプルーストは「失われた時を求めて」の作中人物を選んでいる際に、音楽家ヴァントゥユを決めるに先立って、彼に鉱石のコレクションをくれた《有名な自然科学者》のヴィントンを想定していた。フィリップ・ゴスはプルーストの作品について書いている《何と黙視への歓喜に満ちみちていることか》。ファ-ブルにあってはこの黙視は強烈な神秘的恍惚にまでいたる。ジョン・ロスタンが言うところの《 ファ-ブルの啓示 》には二重の意味がある。将来の生物学者である若い読者のロスタンが、昆虫記の中で聖タマオシコガネの記述に出会ったことと、ファ-ブルが多くの観察経験ののち、昆虫やラバやひつじの《作品》である糞を、団子にして堆積するという不可思議な行動との関連性を、やっと見つけた偉大なる瞬間である。トーマス・ハーディーは彼の作品の中で、遺伝による荒廃、そしてプルーストは「失われた...」で、神聖さと冒涜の必要性といった残酷な関係を取り上げている。同じくファ-ブルも、聖タマオシコガネの見事な研究によって、昆虫界の舞台裏で展開される対立する微小な空間を記述する比類なき詩人になった

 

      息子のジァン・ロスタンの引用によると、エドモン・ロスタンは、ファ-ブルの驚嘆すべきこの集中力こそが、科学であれ文学であれ、創造と発見をもたらす必須の条件であると覚書に書いている。さらに、

    《アンリ・ファ-ブル。英雄。固定観念。敷地に塀を築いたことでファ-ブルは現代の英雄である。彼は自分の見方ですべてを見た。これは稀なことであり、これが私の気に入った。天職、伝言。自分自身の世界を、自分自身の力で生きる...

    《処世訓。散漫になるな:ファ-ブルやミストラルを見よ。

    《神様になって、一握りの虫を眺めて見ようではないか...

    《ファ-ブルはあらゆることに偉大であった。何も彼の目をくらませることはできなかった。誰も自分の仕事を断念すべきではない》。

 

      「処世訓」が重要なのは、そこから豊かな見方が生れるからである。実にファ-ブルは正確さを尊び、われわれが言うところの《気晴らし》を嫌い、この正確さは適格な言葉を見つけることで歓喜に達する。

 



      従ってファ-ブルにとって愛とは、プルースト同様、単に官能の語彙であって、無意味な分類上の問題ではなく、人間、動物、植物、昆虫、雄雌を問わず、個のオリジナリティを尊重するためである。ファ-ブルは子供の頃から適格な言葉を見つけることに大きな喜びを感じていた。10巻の「幼年時代の思い出」には、俗名で Vesse-de-loup 「狼のすかしっぺ」と呼ばれているキノコが Lycoperdon【ホコリタケ】という学名であるのを知った時の喜びが書かれている。それはまた、ノビタキの学名 Saxicole(岩場の鳥、石ころ斜面の友)が単に motteux (土ほじり、ハシグロヒタキ)であることを知った時も同じ喜びであった。

 

      哲学者、昆虫学者、心理学者で詩人でもあるファ-ブルは根源を追及していく。ポール・ヴァレリーは花で溢れた墓地を見て《天の恵みは花にまで行き渡る》と書いているが、ファ-ブルは美しい墓地よりも、死んだ動物の代弁者であった。たとえば、生ごみと化した鍬切れのモグラは、玉虫色に輝く群れを引き付け、ヒラタシデムシ、小走り族のツヤエンマムシ、《熱狂的な盗賊団》の蟻、腹に粉雪をつけたカツオブシムシなどが駆けつけ《春、死骸のモグラの下のなんたる見世物よ!》ファ-ブルの文章は、甲虫目の虫のように豊かに彩られ、喪の場面は、漆黒の甲皮のツヤエンマムシ(動物の死骸を地中に埋め、それに産卵する)と同じくらい暗く書かれている。また彼の素晴らしいモンシデムシの記述には、この《勇敢な墓堀り》はほどんど鈍重ともいえる堅苦しい様子をしているが《しかし彼はすべての腐敗物をサイロに貯蓄することを心得ていた》。

 

      ファ-ブルの記述は、昆虫の色、音、形、そして彼の文体がうまく調和を保って五感の化身となり、自然の尽きない豊さが表現されている。しばしば文章は長く、バロック調で、密度が高く、途中で不意に短く、簡潔に《たった一塊の牛糞のために何たる形而上的考察!》となる。

 

      ファ-ブルは、人間と動物の生態を取り違えている人達を少しからかってさえいる。しかしそうは言っても彼は、昆虫の名称はほんの僅かし用いず、しばしば《根の尽きた》、《カネの亡者》、《死体の解体者》とか《抱き合った》、《渇望者》、《外科医》、クロト蜘蛛は《闇の友》、ナルボンヌの毒蜘蛛は《軽業師》などの《ヒト類》の形容詞を使って記述している。《道化師の腰の柔軟さや力強さをもってしても、生れたてのまだほとんど粘液も固っていないようなこの肉にはとうていかなわない。》とファ-ブルは「シデムシの幼虫」で書いている。ではツチボタルについてどう記述をしているのだろうか《つまりホタルとは胴切りの新型の足無しである。尻につけた白いすてきなバラは、一種の手肢であり、関節のない12本の指はあらゆる方向に動き、管状の指は掴むことはできないが、鳥もちのようにねばねばしている。(10巻「つちぼたる」)

 

      ファ-ブルはこれらの昆虫を、あらゆる面相や形態、触角や時には兜といった装飾的突起物、全翅、太陽と夜と青銅と水が混ざり合ってできた、豪華な日本の鎧を思わせる輝く美しい色調の甲皮などによって、魅力ある登場人物に仕立てている。

 

      さらに詩心のある人は、せんさく好きのカタビロオサムシ、胴鎧のヒラタシデムシ、蟻のらっぱ吹き、埋葬モリム、機織の女怪物、心痛のトホシカミキリ、ヘラクレスカブトムシ、貧弱クシヒゲカマキリ、こん棒を持った牛頭怪物...といった虫の名前を聞いただけで、たちまち想像の世界が広がっていく。

 



p 28 a

【左上】1909年、甥によって一つにまとめられたファ-ブルのフランス語とプロヴァンス語の詩、Delagrave  版。アヴィニョン市立図書館所蔵。

【右上】ファ-ブルの詩「ロバの十字架」。イーヴ・ドゥランジュ氏所有。

【下】ファ-ブルが作曲した音楽の譜面。イーヴ・ドゥランジュ氏所有。

 

 



 

p 29 Boletus lacteus Lévアイゾメイグチ、1893年5月10日。

      ファ-ブルは色と形にとても敏感であり、素晴らしいキノコの水彩画がに見られるように、優れた画家である。幼虫の世界の色の無さとは対象的に、豊かな色彩の鳥の羽の記述は彼には大きな喜びであった。《ホオジロが彼らの卵の上に難解で解読不可能なことを書いている。それは多くの線と染みが混ざりあった大理石模様である。ツグミ、カラスは、青緑の地にあちこち褐色の跳ねをとばしている。ダイシャクシギとカモメは、大きな斑点のヒョウの毛並をまねた》。

 

      色と形が競い合っているキノコやランをファ-ブルがこれほど好んだのも無理はない。ありふれた一箱の絵の具から生れたこれらの素晴らしい水彩画が、ミストラルに売られることなく、アルマスに保存されていたことは全くの幸運であった。謙虚さはいつものことながら、ファ-ブルはこれらの小さな傑作に単に《菌類の水彩画》と題しているだけである。子供の頃からキノコは《植物学の最高の喜び》であった。キノコは、学者としてはその謎が、また画家としては色の変化が彼を引きつけたものである。《長く空気にさらすと、青変するイグチ類の中でも特に注目されるのは、アイゾメイグチであるが、本当のインディゴのしるしとなるはずであった固定した藍色は保存されずに褪色してしまう...おそらくこの黒い色の原因は蛆が青変するイグチを溶かしたからであろう。》(10巻「昆虫とキノコ」)

 


 

  

      また、暗闇で光を放つ《オリーヴの木のヒラタケ》【Omphalotus olearius、図版163を参照】の絵画的な記述には感動せずにはいられない《それは蛍のように白くて柔らかな光りたたえて、婚礼と胞子の放出を祝って美しく輝いていた》。過ぎし時を留めておきたいという作家や画家の懸念は、キノコの美しさも幼虫のように変化するものであり、またその生命は極めて短いことから、絵に残しておきたいと思わせた。美しさをそのまま定着させるには、繊細で正確な絵を描かなければならなかった。

 

      ファ-ブルは、素朴な自然の美しさとほとんど同じくらい、子供の頃に読んだギリシャ神話の世界から多大な影響を受けている。ミノスの迷宮路、ネッソスの上着、アリアドネの糸、などの伝説は昆虫の生活にありありと具現されている。アルマスは彼の実験室というだけではなく、年ごとに集められた、冬期の虫の生態観察の集大成の場所でもある

 

      ファ-ブルにとって学者としての生活は、人間としての生活同様、季節のリズムに従わなければならなかった。エドモン・ロスタンはファ-ブルにつぎの14行詩を献呈している。

  《素晴らしい人生よ

    誰も彼ほど母性という粘土に近づいたものはいない

    リラの森は福音書の代わりとなる

    彼はファ-ブル・デグランテイーヌの末裔かも知れぬ

 

    たった一度聞いた声を一日中探し求め

    退屈知らずはウエルギウスをそらで唱え

    華奢であるが光り輝く虫を見つけたなら

    それには亡くした息子の名前をつけよう

 

    夜、獲物を手に家路に着くと

    真実はおそらく彼の緑の箱の中にあるだろう

    虫の井戸の底からそれは浮び上がってく

 

    素朴で、悲しく、喜びに満ちた、これが彼の人生である

    自然科学者の帽子を彼は生涯脱がなかっ

    そして彼の本は彼の人生の歩みそのものである》

 

          「虫のファ-ブル」、14行詩2.(羽の詩篇)。

 

      さらに、ファ-ブルは音楽家でもあり、誰もそれを意外だとは思わないだろう。まさに音楽とは変身と変化性の世界であり、リズムとテーマは季節のように巡り、メロディーは鳥の滑らかな歌声のように次から次へと響き、静寂は真実の重みとなる。実験室となったアルマスで蘇ったファ-ブルは、すべてに心を開き、足踏みオルガンで、蝉の鳴声やトカゲのぶつぶつさえも交えて音楽を作曲した。68才のファ-ブルは、二番目の結婚で生れた幼い子供たちの心が、動物界とハーモニの世界とを調和させることを望んだ。これらのうっとりするプロヴァンスの調べは、水彩画同様、地上の生を喰んで生きる地下の世界の気懸りからファ-ブルを遠ざけたのは確かである。これほど想像を刺激する領域も少なく、殺し殺されるといった両面性をもってはいるが、動物界で確認された種の  を占めるのは昆虫達である!昆虫は潜り込み、繁殖し、かみ砕き、刺し、吸い、なめる。また彼らは坑道を堀り、穴をあけ、かじり、そして殺す時は、かたずけると言う。

 

      甲殻とざわめきの世界に比べると、地上に表われた植物はなんという安らぎであろうか、針で刺すことも交尾後の殺戮もなく、ビロード感触のキノコの特性は静寂である!

 

  ディアンヌ・ドゥ・マルジュリー

【写真】ファ-ブルのフェリーブル帽子(プロヴァンス語再興論者)、アルマス博物館。

 

               【33】

 

   

 

      ファ-ブルの科学的業績は連続した歩みの中で培われたものであり、分散した断片だけを取り上げて紹介することはできない。これらの素晴らしい菌学の研究は、博識家としての彼の一面である。全作品を理解するためには、人生の折々に彼が考えたことをそのまま知ることである。

 

      昆虫記はその文体によって、フランス学士院から表彰され、また多くの作家にも賞賛された高度な文学作品である。このことからファ-ブルが、研究所や科学アカデミーの図書館でしか読むことのできない本を書く科学者とは異なっているのがわかる。

 

      あらゆることに興味を示し、幼い頃住んだ土地と環境に強い影響を受けたファ-ブルは、文学や自然に対していつもこの最初の感動を見出した。こうして段々と自分の教養を高めていきながら、勉学、教育、意思の疎通といった大きな目的へ向かって希望を燃やしていた。彼の興味は自然の流れに沿って一つの題材から別のものへと導かれていった。ファ-ブルの集大成の一部またはある部分を無視することはばかげたことである。それは彼が人生の各段階毎に自分を取り巻く世界から多くのものを吸収しているからである。ウエルギリウスを想起させるスコラ学的な厳格さを好んだ子供時代から、アルマスでの光り輝く人生の最後までに、基本的あるいは伝統的なものから、先駆的なものまで多くの専門分野の充実した作品が生れていった。

 

  また、学者、哲学者、盲の指物師、小学校の先生、医者、本当のプロヴァンス語復興論者も何人か含まれる詩人などの変化に富んだ友人達と、ファ-ブルのセリニャンのアルマスとは、切り離すことができない一つのものである。

 

      この鋭い観察眼を持った自然科学者は、優れた総合的な作品を書いた。ファ-ブルの壮大な考え方をよく理解するためには、彼の知人、移り住んだ場所、彼を取り巻く自然を知ることが必要である。

 

                【34】

 

      主要道路から外れたルウエルグ地方の後背地サン・レオンス・デユ・レヴズの村で、1823年12月21日ジャン・アンリ・ファ-ブルは生れた。この小さな村にはゆるやかな谷間の斜面に数十軒の家があるだけで、その上方には小さな城が村を見下ろしている。彼の父親は実業家または三百代言家であり、仕事は不規則で少なかったので、少年は早い時期に、もう少し北に行ったところにあるマラヴァルの祖父母の小さな農家に預けられた。

 

      ルエルグ花崗岩と呼ばれるコ-ス台地に属するこの雄大な広がりは、ゆるやかな傾斜地から成っている。そこでは、特に貧しい家庭では、人々の性格は厳しく鍛えられ、勇気があり、強情である。自然の支配の下に村人はグループで生活し、お互いが密接な関係で結ばれている。この自然の威力は代々語り続けられた伝説によって強化され、美に対する繊細な感覚と知識欲を持っている人だけが、隔世遺伝から抜け出して開花することができる。

 

      祖父母のマラヴァルの農家は鈍重な花崗岩の建造物に家畜小屋がくっついたもので、屋根はローズの板石で葺かれ、近くからでも景色に紛れて見分けがつかない。ヒースの草原、痩せ地の樵や樫の林、孤立し見捨てられた地である。厳しい寒さの冬のあとには春が突然訪れる。祖父母はわずかな土地で数頭の牛、豚、羊を飼って糧にしていた。日常の行動はすべて季節の巡りに左右されていた。

 

      マラヴァルはサン・レオンス同様、過酷な気候の土地で、季節の格差が甚だしく、家族のみんなが力を合せて苦楽を共にするが、それでもしばしば生活はつらかった。どんな時にも見せたファ-ブルの闘志は、間違いなくここで育まれたものである。しかし、人生の始めからすでに予測された障害物のある道のりであるが、またその自然によって啓示を受けたのも確かである。それが、他人には辛いと思うこともファ-ブルにとっては喜びになる原動力であった。《ある日、手を後ろに組んだチビのこの私は、太陽に顔を向けて物思いにふけっていた。燦然たる輝きは私を魅了した。私はランプの明リに惹きつけられるシャクガであった。》(昆虫記、6巻「隔世遺伝」)と後年、マラヴァルの生活を思い出して書いている。

 

      7才になった時、ファ-ブルはサン・レオンスの村へ帰って来た。集落と向いあった丘の中腹にある彼の生家は二部屋しかなかった。家の中があまりにも狭いために、ほとんどいつも外で遊んだおかげで、彼の観察眼は目覚めていった。村の周辺や日当たりの良い泥炭地のある台地で、ファ-ブルは発見や観察によって自然の不思議に心を開いていった。それは石面にきらめく結晶、揺れ動く藻で染まった小川の刺魚、立て込んだ榛の木、メタリックブルーの黄金虫などであった。《夜になり、近くの繁みの辺りで何かの物音が私の注意を惹いた。それは夕闇の静けさの中でとても弱々しくやさしい鳴き声であった。雛鳥が巣の中で鳴いているのだろうか。ちょっと見てみよう。[...]長い間私は見張っていたが、なにも現われなかった。ちょっとした物音をたててもその鳴き声は止んだ。次の日も試してみた。そしてその次の日も。今度は私の粘り強い待ち伏せは成功した。ぱっと手を出して歌い手を捕らえた。小鳥ではない。それはキリギリスであった。その美味しい股肉は仲間が味見をさせてくれて知っていた。私の長い待ち伏せの代償としては些細なものである。この経験の一番の価値は、海老の味のする二本の股肉ではなく、いま私が学んだばかりのことである。今私は観察によってキリギリスが鳴くことを知った》(3巻、「隔世遺伝」)。

 

            【35】

p 35 malavaljpg

【写真】マラヴァルの農家、1920年頃撮られたもの。アヴェロン県立資料館、E.ゲラール、コレクション。

 

      すでに観察者であり途方もない記憶力に恵まれ、一人になったファ-ブルは、夏の間飼育をまかされた数匹のあひるの子がほとんどいつも仲間であり、あらゆる感覚が目覚めていった。この限りなく躍動する世界を観察し、想像し、説明する情熱を見出した。物事が確認できるまで何回でもその動作は繰り返された。これらがすべて相まって後の哲学の基礎となる。

 

      彼の名親でサン・レオンスの教師であり、床屋であり、教会の鐘撞きによって、ファ-ブルは片田舎の豚や鶏が走りまわっている納屋で読み書きを覚えた。しかし、一番大切な教材は、父親から貰った動物が描かれているアルファベットの図版であった。それは Âne(ロバ)の    から始まり、Boeuf(ウシ)は    を教え...Hippopotame(カバ),Kamichi(ツノサケビドリ),Zébu(コブウシ)      を言わせようと意図したものである。

 

      ファ-ブルは昆虫記の中で時々この青空学級の思い出を書いている。《四分の三世紀前、初めてスズガエルのやさしい鐘の音を聞いたあの平たい石のところに、私は目を閉じていても真直ぐに行くことができる。...小川のほとりの、絡んだ根がザリガニの隠れ家となっている榛の木の正確な位置を思い浮べることができる。...太陽の輝くある春の朝、小さな私の胸が高鳴ったトネリコの木を躊躇なく見つけられる。その木の絡まった小枝に白い綿玉のようなものを見つけた。心配そうに綿の中に引っ込んだ赤い頭巾の小さな頭が覗いて見えた。凄い発見である!それはゴシキヒワの巣であった。母鳥が卵を抱いていた》(8巻、「ひめはなばち    番」。

 

    当時は自然科学の公的教育は初歩的なものでしかなく、未来の科学者としてのファ-ブルの能力、感性、感受性に応えるには不十分なものであった。

 


                 

 

      ファ-ブルが10才の時、両親と1826年生れの弟の4人は、サン・レオンスを離れ、若い両親が貧乏から抜け出すためにカフェを開くつもりのロデーズ市に移った。それ以後彼の独学は始まり、義務教育はしばしば両親の不幸のせいで中止せざるを得なかった。アヴィニョンの師範学校のお蔭でしばらくの間であるが、やっと勉学を続けることができ、そのことによってその後多数の高等教育資格を得ることができた。そこでの3年間に、ファ-ブルは幸運にも確実な知識を身につけることができた。

 

      ロデーズではファ-ブルは王立学校に入学を許され、優等生には昔からのしきたりで学資が免除されるが、彼はその恩恵に浴した。既にその時、若いファ-ブルは教師が自然の観察や研究にはあまり関心がないことを残念に思った。学校以外では寄宿料を払うために、アルバイトで聖歌隊に入った。この王立学校には多くの蔵書を有する図書館があった。ラテン語とギリシャ語は必須科目としてあったが、ファ-ブルはウエルギリウスを発見し、「転身」と「田園詩」を興味をもって読み返した。古典の著作に早くから親しんできた彼は、ラテン語で同じくウエルギリウスの「農耕詩」を読むことができ、ギリシャ語文献も理解し始めた。ファ-ブルの科学者としての歩みは常に古典と深く関わっていた。現在でも王立学校の資料保存室には、この時期のファ-ブルの数科目にわたる優秀な成績の記録が残っている。

 

      しかし、両親の「カフェ・ルキュルス」と呼ばれた小さな店は、収益がほとんどなかったので、家族はロデーズを去って、先ずオリヤックに行き、僅かの後南部のトゥルーズに引っ越す。この大都会のエスキーユ・コレージにファ-ブルは入学した。中学2年をかろうじで終えることができたが、ここでのうち続く困難は両親にモンペリエーで新たに店を開く決意をさせたが、これも失敗に終ったので、遂にローヌ渓谷にあるピエールラット市に身を落ち着けた。

 

        ファ-ブルの家族の旅路を追う前に、私達はここでのおもしろい小さな出来事を付け加えたい。モンペリエ-での短い滞在中に、16才のファ-ブルは一時この市にある有名な医学校に入学したいと思った。正にここは、ファ-ブルが永遠の心の友とする、風刺的ユマニスト、フランソワ・ラブレーが1530年頃に学んでいた学校ではないか!医学に惹かれたことは若いファ-ブルの多方面に開かれた感性と能力の表われを示すものである。しかしこれは一瞬の閃きにすぎなかった。1849年は両親にとって最悪の年であり、彼らは悲惨な境遇にある二人の子供に独立を言い渡した。

 

      ファ-ブルはいつも様々な分野を学びたいと希求していたが、それに応える前に先ず自分の身を養わなければならなかった。自分の欲望と展望に対し、この時期の現実は間違いなく彼の人生で一番つらい日々であった。このジレンマから抜け出ることは難しく、不安に駆られた青年は挫折の一歩手前であった。社会からなんの援助もなく、ほとんど犯罪者に落ちるところだったこの時期のエピソードに、ファ-ブルは晩年になってからでさえ触れることは避けていた。この苦境から早く抜け出られたのは、幼いときすでにマラヴァルで人生の厳しい現実を経験していたおかげである。

 

      この時期、彼はニームとボケールをつなぐ鉄道敷設工事に人夫として雇われた。ボケール市内ではレモンの売り子として、葡萄の葉が色づく頃にはしばしば葡萄を盗んで飢えを癒し、時には僅かな蓄えをはたいて、ニームの詩人でありパン屋のルブールの本を買った。

 

      しかしやがて立ち直ったファ-ブルは、学校以外で得た高い教養や知識を自覚しており、アヴィニョンのエコール・ノルマルの生徒募集の張り紙を見詰めた。この師範学校の入学試験を受け、第1位で合格する。それは1840年のことであった。

 

 

アヴィニョン、時計台広場、1835年頃。作者不明のリトグラフ。アヴィニョン市立図書館

【絵】アヴィニョン、時計台広場、1835年頃。作者不明のリトグラフ。アヴィニョン市立図書館。

 

      この幸運のお蔭で、ファ-ブルは学業の大幅な立ち遅れを取り戻すだけでなく、多数の科目についても、類まれなる習得能力を発揮した。しかし若い時から自由の味を満喫したことで自分の世界観を持っていたファ-ブルは、厳格なカリキュラムばかりの教育に従うのは大変な忍耐を要した。最初の数か月はちょっとした波乱があった。必須科目のいくつかをなおざりにして、他の科目に専念したために叱責されたが、自尊心も加わってすぐ本分に戻ることができた。だが彼の本望は変わらず、いつも自然から学ぶことを求め続ける必要を感じていたので、時には色々な方策を用いた。それは例えば、暖かくなると寄宿舎を抜け出して、ポケットにチーズと一切れのパンをしのばせて、星空の下フォンテーヌ・ドゥ・ヴォクリューズまで歩いて行くと、川のほとりの岩の窪みに入って眠った。夜明まえに起きだし、通りがかった荷車の後部にひそかに飛び乗って、来た道を町へ引返した。丁度みんなが起き出す前に、部屋にたどり着くことができた。1842年8月、すべての科目に好成績を得たこの若い奨学生は、高等教育証書を獲得し、3年の教育課程を2年に短縮されるという恩典を受けた。

 

ジャン・アントワーヌ・コンスタンタン、「フォンテーヌ・ドゥ・ヴォクリューズ」。アヴィニョン、カルヴェ美術館ジャン・アントワーヌ・コンスタンタン、「フォンテーヌ・ドゥ・ヴォクリューズ」。アヴィニョン、カルヴェ美術館

【絵】ジャン・アントワーヌ・コンスタンタン、「フォンテーヌ・ドゥ・ヴォクリューズ」。アヴィニョン、カルヴェ美術館。

 

p 39

【絵】 ヴァントウー山の前壁。ベドワンとマロセーヌをつなぐ道路。

ジャン・ジョゼフ・ボナヴェンチュール・ローレンの水彩画。カルパントラ市、アンギャンベルチーヌ図書館。

 

 

         

        知識の向上をはかる教師、

        息苦しい学校

 

      カルパントラ市の小学校の分校に、1842年にファ-ブルは初めて教師の職を得た。サン・レオンス村の子が教師になれたのは明らかに独学によるものであった。その後ファ-ブルは、しばしば彼の持論である、当時の子供が最悪の条件下で初等教育を受けさせられていることを糾弾した。40年後再びカルパントラを訪ねたファ-ブルは、かつて教職にあった高等中学について次のように記述している。《外観は昔と少しも変わらずやはり監獄のようであった。いにしえの中世風教育とはこのようなものだと考えられていたので、若者の陽気さや活発さは不謹慎だとされ、それに対し厳格さ、陰気さ、難解さが要求された。学びの舎というよりはむしろ体罰の家であった。抑圧された監獄のような雰囲気の中で、新鮮な文体のウェルギリウスは学ばれていた》。

 

      1842年10月の新学期から1849年の1月まで、彼はカルパントラに在職していた。その間、生徒のために少しでも教育条件の改善を計ろうと、気候が温暖なときにはできるだけ野外で授業をした。また自分のためには、新しい分野でいくつかの免状を取得するために、特に昆虫学の研究論文には熱中した。まさに勉学への熱望は大食症患者のようである。厳しさを自分に課することは端的に知識となって表われてくる。今回もファ-ブルは、すでに学んだ多くの科目の中から、科学と文学、詩を人生の主柱とする当初の希望を満たすための調和のとれた選択をした。ファ-ブルはその時、数学の研究集とひまな時に書いた最初の詩の一つ「数字」を表わしているので、プラトンの「幾何学者でない者はここに入るべからず」という教えをすでに自分のものにしていたと思われる。1844年に文学バカロレア、1846年に数学バカロレア、それから1847年には数学士号を、1848年には物理科学士号を獲得した

p 39b

【イラスト】1842年、ファ-ブルに交付された教員資格認定書。

イヴ・ドゥランジュ氏所有。

 

      ファ-ブルの性格の中で注目すべき特徴は、特に科学者としての自分自身を信頼していたことである。彼はしばしば直感によって行動したが、時には大胆でさえあった。例えばある時、年長の生徒の一人が入学試験のために代数の個人教授を依頼してきた時、彼は代数を全く学んでいなかったが、即答をしなければならなかった。この科目は大いに勉強する価値があると見て取ったファ-ブルはそれを独習できると思った。そこで同僚の教員が代数の本を持っていたことを思い出し、この生徒の申し入れを受諾した。この同僚は気難しかったので、ファ-ブルは空き巣のまねをして本箱の鍵を開け、しばらくの間その本を借りた。若い先生のファ-ブルは代数を習いながら教えていった!

 

p 40

【絵】ジゴンダス村とモンミラーユのぎざぎざ峰。ジャン・ジョゼフ・ボナヴァンチュール・ロランスの水彩画。

カルパントラ、エンゲンベルティ-ヌ図書館

 

      教員としての仕事以外には、自然科学の研究を深めていった。プロヴァンスのこの地方は、昆虫や植物の大宝庫であり、ファ-ブルはそこで、膜肢目の奇妙な習性の中でも特にツチスガリの偉業を目撃する機会を窺っていた。観察するためには、表面が固く締まった砂地の斜面で、日当たりがよく乾いた土地を見付ける必要があった。この研究に役立った出来事は、本屋で目に入ったカステルノー、ブランシャール、リュカの豪華で数巻の「体節動物の自然科学」であった。ああ、なんと抗し難い誘惑であることか!その値段は...《わずかに》教員の給料の一ヶ月分であった。たった数週間の飢えと、三級の葡萄酒さえ飲めないからといってどうってことはない...まもなく彼の小さな机の上の本棚には、繊細な版画が挿入された美しい全集が並べられた。

 

      全集を購入したことが彼の昆虫学の出発点となり、この研究は生涯にわたって深められていき、彼を偉大な《虫の先生》にした。もっと重要な一時期は、沿道のくぼみでツチスガリを見付けたときである。それは生態的に無限の価値を持つ虫と、自然に対して鋭い感覚を持ち合わせたファ-ブルとの出会であり、宗教的な深さともいえる情熱のほとばしりであった。それは昆虫学者ファ-ブルの自然に対するもっとも繊細な感覚の表われであり、日本に於けるファ-ブルの評価を高めた原因の一つであることは間違いない。

 

 

p 41_0001【絵】ヴォジェ-ルにあるロマン氏の風車、1848年。シャールル・モンティニーの水彩画。アヴィニョン私立図書館。

 

p 41 Jules_Laurens-Acqueduc_de_CarpentrasJules Laurens, Aqueduc de Carpentras, Carpentras, musée Comtadin-Duplessis

 

      同じ時期にファ-ブルはカルパントラの小学校教員のマリー・セザリーヌ・ヴィラールと知り合い、1844年10月に結婚した。二人の給料を合わせても、不味い葡萄酒とひよこまめしか食ることができなかった。生活はきわめて苦しかった。これほど多くの免状が無駄になってしまった。初めて生れた子供はすぐに亡くなった。高校の教師の資格取得のため文部省に何回も申請をした揚く遂に1849年1月アジャクシオの高校の物理科学の職を得た。

 

 

p 41_0002

【絵】山道と突き当たりはカルパントラの水道橋。ジャン・ジョゼフ・ボナヴァンチュール・ロランスの水彩画。

カルパントラ、エンゲンベルティ-ヌ図書館

 

 

p 42 Vue d’Ajaccio - CORBELLINI, François (1863-1943)【絵】1888年頃のアジャクシオ。フランソワ・コルベリニの水彩画。個人所有。

 

p 42 Quai d'Ajaccio - CORBELLINI, François (1863-1943)

 

p 42 ajaccio

 

p 42 La-collection-de-peinture-corse_image_large

 

 

         

         コルシカの自然の発見

         自然科学者の孵化

 

      ファ-ブルはプロヴァンスとラングドック地方の原生植物や独特の動物がいる自然や頑強な民族を愛したが、コルシカでは汚れのない文明が調和を持って未だ保存されているのを発見した。

 

      彼はコルシカで、地中海文明の典型的な文化と自然と民族に出会った。雄大で野生的な自然は島であることでさらに際立った。コルシカの特徴である海と空の青色の間には、いろいろな香りのする景色が続き、完全を求める自然科学者でさえ満足するものであった。ファ-ブルは広大な砂浜、好塩性植物の生える平野、カランク1.、それにマキの斜面2.が急な雪の頂上につながる光に溢れた自然を発見し、まるで新世界を眼の当りにしたような目のくらむ思いであった。1849年の初め、妻と一緒にアジャクシオに落ち着いたファ-ブルの前には、研究にうってつけの素晴らしい世界が広がっていた。そこでの仕事の条件は明らかに改善され、小学生と違って中高生には、物理と化学の授業は大きな関心を呼び起こした。確実な知識と免状のおかげで、この若い教師は、やっと新しい職場で能力を発揮することができたことにより、しばらくは大学教授への止み難い思いを忘れるほどであった。アジャクシオに住むとすぐにファ-ブル夫婦は、島の一番大きな湾に沿って曲がりくねっている花崗岩の懸崖のサンギネ-ルやパラタの道を通って、細かい砂の浜辺へ遠足に抜け出した。

 

【訳者註】

1.地中海の岩に挟まれた細長い入り江。

2.コルシカ島や地中海沿岸の潅木地帯。

 

 

                【43】

 

      若いときから多くの分野で能力を発揮したファ-ブルは、貝や苔などの自然の造形物を発見しては識別し、それを収集した。魚市場には銀色のチヌ、大頭のカサゴ、皮のぬるぬるしたイソギンポ、赤ベラ、青ベラなどが溢れていた。まもなく二人は、波が打ちつける岩場に行って、ムールガイ、イモガイ、セイヨウカサガイ、「中国風帽子」カサガイ別名プロヴァンスのツタノハガイを自分たちで拾ってきた。海岸では潮が引くとタマキビや「海の耳」ミミガイを初めて石の下に見付けた。この豊かな地上性、淡水性、海水性の貝類や軟体動物を前にして、ファ-ブルは本にするために多くの記述をしたが、残念ながらこの「コルシカの貝類学」は未刊に終った。この本は軟体動物でも特に貝類のリストアップと記述がなされ、それはリネ、ラマルクなどの資料に加えて、ファ-ブル自身のオリジナルな記載が続く。それはおそらく彼の自然科学の研究の中では特筆に値することであるが、残念にもコルシカの滞在は打つ切られ、ついにこの作品は日の目を見ることができなかった。

 

【絵】

【左】Leuzea conifera D. C.。フランスとコルシカのガリーグの石ころの斜面。マドゥレーヌ・ロリナの水彩画。

【中】Limodorum abortivum Swartz. フランスとコルシカのある種の木に寄生するランの一種。マドゥレーヌ・ロリナの水彩画。

【右】Gagea arvensis Roem. et Sch. 、フランスとコルシカの石原(黄色の花)。Hepatica triloba Chaix (一名  Anamone hepatica, L. hepatica  L. フランスとコルシカの石灰質の山林(紫色の花)。マドゥレーヌ・ロリナの水彩画。

 

      この島に毎年春が巡ってくると、ファ-ブルは復活祭の休暇を利用して植物採集に出かけた。アヴィニョンの友人で2年の予定でコルシカに在住しているエスプリ・ルキアンと文通を続けていた。二人とも植物学に夢中であった。ファ-ブルはコルシカのあちこちであらゆるものを採集した。先ず、きれいな苔の植物標本を作った。コルシカでは約三千種の植物が確認されており、その内の多くは固有種である。晩春、ケイ質岩上にはアブラナ科の Alyssum corsicum の小さな黄色い花、もっと高いところの日当たりの良い山地では Laserpitium cynapiifolium の白い傘形の花序、山地の牧場では春先 Alnus suaveolens の尾状花序が見られる。

 

      もっと島の奥に入って見ると、地中海地帯の種である、Silene esculentaStachys glutinosa,岩性の PancratiumBorrago laxifloraArenaria balearensis を見付けることができる。

 

                  【44】

 

p 44 Esprit Requien b (1)

 

【絵】エスプリ・ルキアン。肖像画:ビガン。アヴィニョン、ルキアン美術館。

 

      紙に挟まれた植物標本の山から、乾いた草の香りが家中に漂っている。ある日ファ-ブルはルキアンに贈るために、珍しい植物を大量に採集していたが、島の南部のボニファシオに住んいたルキアンの突然の訃報に接した。彼と一緒にコルシカの植物相(フロラ)を作る計画は永久に水泡に帰した。

 

      その後ファ-ブル夫妻は、ルキアンの紹介で来島したモンペリエの動物学者でトゥルーズの教授である、モキャン・タンドンを迎えた。彼との出会いはファ-ブルにきわめて大きな影響を与え、生涯にわたって自然科学者であることを決意させた人物である。コルシカ島は美しい植物種が多く、動物学者にとってもきわめて豊富な自然の地である。稀に見事な群れをなして表われる野生の羊類や野豚以外は、蜘蛛、昆虫、甲殻類、爬虫類の多くの種が見られる。ファ-ブル夫妻は、彼らの新しい友達と一緒に二週間というもの、あちこちの興味ある場所を徘徊し、海のものなどを味見したりした。当時ファ-ブルは、自然科学者としての将来を懸念し、数学の研究を続けるつもりでいた。しかしモキャン・タンドンは彼に忘れがたい言葉を言った。《もう数学なんて止めなさい、誰もあなたの公式などに興味を持たないでしょう。動物と植物の方にいらっしゃい。そうする勇気はお持ちだと思うが、必ずあなたに耳を傾ける人々がいるはずです》(6巻、「私の学校」)。

 

      ファ-ブルより20才年上で、いくつかの国立学士院の会員で、さらに詩人であり広い分野の文学者である繊細な精神の持ち主のモキャン・タンドンは、ファ-ブルに深い影響を与えたことは確かである。忘れ難い言葉に続いてモキャン・タンドンは、ファ-ブル夫人の縫針を二本借りて葡萄の小枝に差し込み、この原始的な道具だけでまばゆいばかリにカタツムリの生体解剖をやってのけた。半世紀のちファ-ブルはこの生体解剖について次のように書いている《それは私の人生にとってたった一つの忘れられない自然科学の授業であった》。決心はついた。この時以来ファ-ブルは決してあとへ引返すことはなかった。

 

      その後まもなく、市議会の決定により教師の給料が半分に減額された。妻のマリー・セザリーヌは、1850年にカルパントラでアントニアを出産している。ついに物理学の授業が廃止された。ファ-ブルは植物が豊かに生い茂る沼地や塩平野で、腹足類や小さな虫が引き金となってマラリヤに罹病したことから、1851年コルシカを離れて大陸へ戻った。

 

                【45】

 

         

          公教育と教育外教育

              独立のきざし

 

      いまや確実な知識を携えたファ-ブルは、自分の進むべき分野を決めた。科学においては昆虫の行動学、つまり虫の習性の研究に情熱を傾けたが、また優れた教育者としての研鑚も同じ程に続けられていった。アヴィニョンのリセで、物理化学の教師として18年間(1853~1871)教師を勤めたファ-ブルは、こうして多くの学識経験を積み重ねていった。

 

      ファ-ブルはアヴィニョンに任命されたことを喜んだ。それは郊外のロベルティの農家に両親や弟が住んでいたからでもあった。両親はやっとそこで落ち着いた生活を20年間送った。しかし何にもまして大きな喜びは、アヴィニョンという地中海的な動植物の豊かな生息地に立ったことである。振り返って見ると、ファ-ブルの経てきた道のりは常に雄大なヴァントゥ山が見える光り溢れた場所への回帰のためであったことが分かる。

 

 

p 45 Joseph Eysseric pastel

【絵】ヴァントゥ山、1892年10月。ジョゼフ・エセリックのパステル。

カルパントラ、エンギャンベルティーヌ図書館。

 

peintres_ventoux

 

       アヴィニョン滞在の2年目に、ファ-ブルはモキャン・タンドンの忠告に応えて、きっぱりと数学教授資格の受験を放棄して、自然科学の道を選ぶと自然理学士号試験に臨んだ。1854年8月1日、彼は弟に手紙を書き送っている。《トゥールーズから今戻ってきたところだ。今度の試験は今までのうちで最高の出来であった。学士として承認され、審査委員から身に余る賛辞を受け、試験費用は免除された。試験内容は予想外に高度であった...》。

 

                【46】

 

      この成功は将来の目的を推進するのに大いに役立ち、次の重要な段階である博士号への道を開いた。教師は通常大学教授資格か博士号の受験を選択することができる。もしファ-ブルが大学教授資格試験を選ぶならば膨大な知識をもたらすが、しかし個人的な研究のほうは断念せざるを得なくなる。ファ-ブルにとって知識を深めるとは、同時に自分のテーマで研究することである。博士号を選んだ彼の論文の主題は《多足類における生殖器官と発達の解剖学的研究》であった。パリで行なわれた博士論文の口頭審査員は、国立自然史博物館の教授ヘンリ・ミルヌ・エドワーズ、イジドール・ジョフロワ・サンティレールと植物学者のパイエーといった錚錚たるメンバーであった。慣例により、論文には第二のテーマが必要であり、ファ-ブルが選んだ植物学の研究は「Himantoglossum hircinum  における塊茎の研究」であった。植物学においても動物学同様、ファ-ブルは大学独特の表現法に従った。それは厳しい規則に則った正確な書き方が要請され、文学風の文体は認められなかった。こういった紋切り型の書体を体験したファ-ブルは生徒にも将来のためにそれを伝授した。

 

    これは1855年のことであり、この年はファ-ブルにとって研究の面では幸運な年であった。科学アカデミー主催のモンティオン生理学賞のコンクールで彼は《良》の成績を得た。それは《ジガバチ科の本能と変態の研究》で、その年の「自然科学と動物学年報」に掲載された。このテーマは後の「昆虫記」へと大きく展開していく。

 

 

p 46 Ophrys arachnitiformis

【絵】Ophrys arachnitiformis Gren. & Philip. ,プロヴァンスの丘の草原。マドレーヌ・ロリナの水彩画。

 

      1856年9月1日に書かれた未発表の観察日誌は、昆虫記の文学調とは異なり《第一試験管、アナバチの小室から取り上げたコオロギ。第二試験管、アナバチから取り上げたコオロギ。第三試験管、自分の目の前でアナバチが刺したコオロギ。》といった文体で、麻痺による肢、触角、大顎の拍動について長くて詳しい記述が続いている。また時にはもっとも観察に困難な場所での微妙な実験をすることもある。例えば、7月23日の書き込みには、数種の膜肢目の捕食昆虫を観察するために、すぐそばの台地で守備隊が的に向けて射撃の訓練をしているイサールの森に行った。《たくさんのツチバチの雄は緩慢に地面近くを飛んでいる。少数の雌はかなり強い風にあおられて、ときどき地面に叩きつけられては頭をしばらく下げたまま動けないでいる。それを見た雄は急いで雌の上に飛び降りるが、むげにも追い払われる。この出来事は射撃の採点者の防御用の小山の少し前で始まった。冬にこの辺りを掘ってみれば必ずツチバチの繭が見つかるはずである》(観察日誌の抜粋から)。

 

    コルシカから戻ったファ-ブルは、情熱の対象である虫の観察を再開し、気候が良くなると、アヴィニョンの郊外の田園やガリッグ、河岸の砂地などを徘徊し続けた。そしてしばしば妻のマリ-セザリーヌを伴って戻るカルパントラの近くでは、彼は何年か前に膜肢目の特にツチスガリの習性を発見した時の感動がよみがえってきた。正にこの時期にファ-ブルの昆虫学の研究に大きな影響と向上をもたらすことになる出会いがあった。以前からファ-ブルは、ランド地方の医者で、広い視野の昆虫学者レオン・デュフールに、いくつかの出版物を通して関心を寄せていた。

 

                【47】

 

p 47 a Lilium martagon Trollius europaeus

 

p 47 b Narcissus juncifolius Iris chamaeiris

 

【絵】プロヴァンスの植物。マドゥレーヌ・ロリナの水彩画。

【左上】Lilium martagonL.

【右上】Trollius europaeusL.,Campanula barbataL.

【左下】Narcissus juncifolius Lagasca.

【右下】Iris chamaeiris Bertol.

 

                【48】

 

正確には1855年、デュフールは国立動物学会年報に、「ファ-ブル氏のツチスガリについて一言」と題した記事を書いた。こうして二人の昆虫学者は1856年からレオン・デュフールが死んだ1865年まで、文通が続けられた。デュフールは、膜肢目の昆虫が獲物であるタマムシを、不動でしかも生きたまま保持する秘密は《保存液》によるものだと推測している。ファ-ブルは逆に、きわめて緻密な観察に基ずき、神経中枢が破壊され麻痺している犠牲者を持ってきて立証して見せた。二人の自然科学者はお互いに深く尊敬しあっていた。これらの動物行動学上の発見は、アヴィニョン、オランジュ、そしてセリニャンのアルマスで数十年間も続けられた。私達は未発表の多くの記述を読んで確認しているが、ファ-ブルに悪意を持っている人々が主張しているのとは逆に、彼は研究の対象である虫の種名については非情に正確さに気を使っていた。大都市から程遠いアヴィニョンであるが、アルマスはもっと孤立しており、ファ-ブルは定期的に科学者の社会と接触を保っていた。これはファ-ブルが熱心に書き綴ったきわめて豊富な交信が立証している

 

 

p 48 Carnet de notes

【絵】昆虫の観察を記録したファ-ブルの日誌。イヴ・ドゥランジュ氏所有。

 

      日誌を手にした自然科学者が、いろいろの探査に歩き回った1856年から1857年にかけてが、彼の研究の外観を形作った時期であろう。この日誌を読むと作家を駆り立てた発見への熱情がひしひしと伝わってくる。日誌には、ファ-ブルが1856年8月と9月にレオン・デュフールに送ったいろいろな昆虫見本のリストと、スワマーダム氏とカトルファジュ氏の記事の写しを送ったことが書かれている。しかし植物学が忘れられていたわけではない。例えば、1856年7月22日には、オプンティア属(サボテン科)の雄しべの動きのオリジナルな観察が書いてある。また、オフリス属(ラン)についてはいくつかの採集リストが記録されている。ウリ科植物の巻きひげとその動きや花式図を描いている。同じく1857年の日付のある覚え書きには、数種の膜肢目のハナダカバチ,ツチバチ、ドロバチ、ルリジガバチに寄生するヒメバチ、アナバチの蛹がどのように被嚢を脱ぐか、甲虫目のハキリバチヤドリがどのように他の巣房を横取りするか、ハキリバチヤドリの蛹の生体の構造などの多くの記録が見られる。両親が住んでいるロベルティの農家に行く途中、彼は小さな左官のルリジガバチの古い巣を記述し図にも描いた。数頁あとには巣の材料、ある虫が住んでいた壁の特徴、化学反応などの記述が後の昆虫記の神髄をなす。

 

                【49】

 

      当時ファ-ブルの注意を引いた事柄で彼が興味を示さなかったものはなかった。きのこに於ても、彼は単に食べるだけではなく既に菌学者であったが、特にヴォークリューズの経済にとって重要で高価なトリュフの栽培に関心があり、1857年4月6日にはこのテーマでヴォークリューズ県立農業園芸協会で講演をしている。この研究発表は「トリュフ栽培法の解説」として出版された。

 

      同じ時期、ファ-ブルは自然科学だけではなく物理学、化学、宇宙形状学、文学など多くの分野に手を染めていた。中でも数学は自分の研究に大いに役立った。ファ-ブルの日誌には、生徒の父親のサン・ロランが息子宛に書いた手紙の要約が記されてある《君はファ-ブル先生の「平行線を再生する曲線」という研究に触れているが、君の優れた先生に私からの賛辞を伝えると共に、彼の研究に役立つかもしれない次の記事を渡して欲しい》。それに引き続いて、全く同じものを再生する特性を持つ超越曲線の証明が書かれてあった。

 

      ファ-ブル達がソルグ川沿いのタンチュリエー通りに住んでいたとき、二人の有名な植物学者との出会いがあった。一人はアヴィニョンの出身で、パリの「ヴィルモラン種苗会社」の植物栽培部長テオドール・ドゥラクールであった。ほどなく彼とは真の友情を結ぶことになる。二人は植物を語り、輸入によって日々大幅に増えていく庭園栽培の花の種類について話し合った。同じくファ-ブル達が喜んで迎えたのは、ベルナール・ヴェルロであった。彼は卓越した植物誌学者で、国立自然史博物館の植物栽培部門の最高責任者であった。ファ-ブルは忘れ難いヴァントウー登山に、この二人のパリジャンを伴い、途中一行は霧のせいで断崖から落ちるところであった。当時この山へはラバを使って一日がかりの登山であり、下山もほとんど同じであった。この遠足は昆虫記の中で面白く語られている。

 

      教師の給料は安いので、家族を養うためにファ-ブルは、以後数年間個人教授をしなければならなかった。当時の家族はアントニア、アグラエ、クレールの3人の娘がいた。1861年と1863年にはジュルとエミールの二人の息子が生れた。しかしそんな中でもファ-ブルは自分の研究を継続し、特に獲物を麻酔させる蜂についての研究文を発表している。

 

      ヴォークリューズという大都市から孤立した地にいるにもかかわらず、ファ-ブルの研究の業績は世界的に権威のあるものだった。1859年初版の「種の起源」には、チャールズ・ダーウインがファ-ブルを「比類なき観察者」と評価している。ファ-ブルはダーウインの理論に同意はしなかったが、二人はお互いに深い信頼を持ち合っていた。この時期もその後でさえも、ファ-ブルは進化論に自分の立場を表明しなかったが、それは彼が反進化論者であるということでは全くなかった。

 

【絵】【上】チャールズ・ダーウイン。肖像画:リッチモンド、1840年。ケント市、ダウン・ハウス。

【絵】【下】ラマルクの「植物学」の図版、1783年~1823年。Claude Alzieu  出版、1990年。ファ-ブルはこのサボテンの雄しべの動きの独創的な研究をした。(日誌の覚書より)。

 

 

【50】

【絵】自分の研究所にいるパスツール。肖像画:エデルフェルト。

パスツール美術館。

 

      1865年6月には優れた化学者ジャン・バチスト・デュマの助言で、昆虫学の問題に関し意見を求めるべくパスツールがファ-ブルを訪ねてきた。フランスでは養蚕産業が丁度繁栄していた時期であり、ヴォークリューズでは蚕に深刻な病気が発生し、1849年から被害は広がっていた。病気の蚕には黒い小さな斑点があることから、「ペブリン病」(胡椒病)と呼んだが、その本当の原因は微小藻類によるものであった。パスツールは蝶の生体や昆虫の生殖に関しては全く知らなかったが、カイコガについての知識ももちろん皆無であった。そこでファ-ブルは彼にカイコガのことを教示した。パスツールは簡単な解決方法、つまり健康なカイコガを病気のものから選別することを発見した。それだけで伝染病の蔓延を食い止めることができたのである。

 

      ファ-ブルの生活はまだ苦しかった。時には大学で教える道を考えたが、当時の大学教育には個人財産と後ろ楯てが必要であった。それがなければ《礼服に隠れた貧乏》で、大学で正式に昇進する見込みはないと誰かに言われた。ファ-ブルは《知識階級の豪華絢爛には貧乏なわれわれは気をつけよう!》と、ある時人に話している。

 

      ファ-ブルは創意に富んだ才能と専門分野の化学の研究を使って、染色産業で収入を得ようと考えた。染料のアカネはヴォークリューズでは格別重要な収入源であった。アカネの赤い色は、軍の歩兵の制服の生地を染めるのに使われた。アヴィニョンの一番風情のある遊歩道には、この地方にアカネを導入したアルメニア人のアルテンの像が通りを見下ろしている。アヴィニョンの郊外で栽培された「パリュス」と呼ばれたアカネの赤い根は、フランスでは最高級品であった。残念ながら自然染料の品質は、不正を働く人々によって段々と落ちていった。ファ-ブルはアカネの品質を検査する方法と抽出法を開発した。四つの特許を取得した彼は、これで少しは経済的に楽になると考えたが、やはり福の神とは縁がなかった。1868年にはグレーブとリーベルマンの二人が、アントラセンから合成アリザリンの製造に成功した。それによって一挙に、農家の重要な収入源や栽培に関するファ-ブルのアカネの研究は水泡に帰した。

 

【絵】アカネ、アルマスの春。

 

            【51】

【絵】

【上】アヴィニョン、ファ-ブルの研究室や自然史博物館があったサン・マルシアル教会の廃院。ルマニーユ出版社の資料。

【下】フレデリック・ミストラル。肖像画:ポール・サイン。アヴィニョン、カルヴェ美術館。

 

      科学者としての歩みの中で、彼の人に教えるという才能が多くの出来事によって開花していった。彼の優れた教育者としての才能は、特に18年間というアヴィニョン時代の多くの出来事を通して発揮された。ファ-ブルは、教師の勤務評定に来校した視学官のヴィクトル・デュルイを教室に迎えた。ファ-ブルはたちまち彼の雄弁さと該博な知識に魅せられたが、デュルイもファ-ブルに好意や友情さえ感じていたことを後になって知った。1867年のある日、サン・マルシアル教会の廃院にあった自然史博物館の自分の研究室で、アカネの研究をしていたファ-ブルの前に突然、視学官だったデュルイが表われた。彼は1863年から文部大臣になっていた。高等師範学校出の貧しい工員の息子であったデュルイは、意欲的に文部行政を指導していった。彼はファ-ブルの多方面にわたる研究のことを知っていた。この訪問によってファ-ブルはパリに召還され、そこでデュルイによってレジオンドヌ-ル勲章のシュヴァリエ章を授与された。チュイルリー宮殿に伴われ、皇帝に接見したファ-ブルは、ナポレオン三世の皇子の家庭教師に推された。しかし、彼はそれを辞してアヴィニョンに急ぎ帰った。

 

      デュルイの影響によって大人のための教育方針が確立され、農村における学校の充足と女子教育の向上、教育の無償化のための法律が1867年8月10日に発布された。デュルイが示したこれらの政策理念はファ-ブルの思想と全く一致していた。1869年頃デュルイはファ-ブルに、誰でも受講できる《夜間学級》の開設を依頼した。この授業はすぐに実施され大変な成功を博した。生徒にはあらゆる分野の人々がいたが、多くの農民に混じりオック語の詩人ルマニーユ、フレデリック・ミストラル、哲学者であり数学者の英国人ジョン・スチュワート・ミルなどがいた。教科の中で特に植物学は人気が高かった。その授業がある夜は、サン・マルシアル教会の机はヴォークリューズの村々から若い女性達が持って来た花で埋まったと言われる。この夜間授業について後にファ-ブルは次のように書いている。《私は信念を持っていたので、全てを出しきることを厭わなかったが、これほど熱心で夢中な聴講生をみたことはない。授業のある日の特に植物学は祭りのようだった。近来の温室から持ち寄られた多くの花の山で机は隠れてしまった》(昆虫記2巻、「うちの猫の話」)。

 

                【52】

 

      しかし第二皇帝の統治下で、デュルイの発案によるフランスの教育の民主化は、猛烈な反対に遭い、1869年には彼を辞職にまで追い込だ。まもなく皇帝は失墜し社会は混乱に陥った。文部大臣の指揮の下でファ-ブルが行なった新しい教育法に対して陰謀が企てられた。ファ-ブルはパリの高等師範学校から、秩序を破壊する教育法だとして糾弾され、生徒達はそれに憤慨した。最近まで女子教育は修道女に任されていたが、突然ファ-ブルの授業は花も受精することを教えた!ファ-ブル達が住んでいた家の家主は、アヴィニョンの最も教会寄りの人々であった。ある日執行吏が家に来て、この月のうちに家を出ていくように勧告した。

 

      これは家族にとって大変困難な状況であるが、反対にファ-ブルにとっては自由を得たことになった。アヴィニョンの帝国リセで18年間教職にあったファ-ブルは、その間一度の昇進も昇給もなかった。このことについて彼は書いている《大学の学士免状を何枚も積み重ね、四分の一世紀の間の貢献に対し賞賛も受けたが、私と私の家族は1600フランという金持ちの馬丁よりも少ない額を受けていた。これは教育に関しては当時恥ずかしいほどけちであったからである。それにお役所が無用な書類にこだわったためでもある。私は正規の教育を受けていない独学の徒である。この教師生活のつらい試練を本の中に忘れようとした...》(1巻「タマムシ殺しのツチスガリ」)。

 

      ファ-ブルは教職以外に1866年からアヴィニョン市立自然史博物館の館長であった。1851年からこの博物館は、ファ-ブルの友人であった故エスプリ・ルキアンの名前を冠してルキアン博物館となった。1870年にファ-ブルが、セギャン(兄)出版社から出した「アヴィニョン周辺で観察した甲虫目の昆虫」という小さな本はルキアンに献呈した。この本は厳密な体系学の調査研究であるが実用的でもある珍しい本である。この素晴らしい自然史博物館は、動物学の豊富なコレクションや植物界、動物界、鉱物界の多くのものが収集されていることで知られている。現在でもここの植物標本はフランスに於ける一番豊かで興味のあるものだといえよう。ファ-ブルがいた当時、カルヴェ美術館はまだ隣にはなく、本館に続くかなり広い植物学公園が館長の管理の下にあった。ファ-ブルはこの博物館に1873年まで勤めた。

 

      アヴィニョンの滞在が悲劇的な終り方をしたとはいうものの、この土地でファ-ブルは多くの出来事を通して自然科学への道を決心した。彼の主な昆虫学の発見の中で特に膜肢目の捕食虫の発見はアヴィニョンが始まりであった。モンティオン賞に加えて科学アカデミーは当時の学者の羨望の的であるトール賞をファ-ブルに授与した。またファ-ブルはアヴィニョンで、自分で教科書を作るといった新しい教育法を編み出し、それは教職を退くまで続けられた。

 

                【53】

【絵】

【左】樫のギョウレツケムシの巣。イラスト:ポール・メリーファ-ブルの作品「害虫」から。

アシェット出版、1867年。アヴィニョン市立図書館。

 

【右】バナナの木。イラスト:ヤン・ダルジャンファ-ブルの作品「薪の物語」から。ガルニエ兄弟出版、1867年。

イヴ・ドゥランジュ氏所有。

 

      1867年、ファ-ブルの「薪の物語-植物についての話  」は初めてアシェット社から出版された。この本は子供をはじめ自然を愛する人々のために書かれたものであり、当時のベストセラーの一つであった。豪華本から普及版まで、ヤン・ダルジャンの多くの楽しい版画を挿入した470頁に及ぶ金装訂のこの本は、明確さと生き生きとした文体で、あらゆる年代の人に愛読された。この本は長い間、学年末に優秀な生徒に褒賞として贈られる本のひとつであった。ファ-ブルがオランジュで書き、シャール・ドゥラグラヴ出版社から出された一連の注目すべき教科書は、彼を自然史の改革的な教師にした。

 

【絵】ファ-ブルが子供や青少年向けに書いた「もの知りポール叔父さん」。ドゥラグラヴ出版、1889年。

イーヴ・ドゥランジュ氏所有。

 

                【54】

           

       教育作家

 

      ファ-ブルは生活費を工面する必要に迫られた。ジョン・スチュワ-ト・ミルは真の友情を示し、彼に救いの手を差し伸べた。スチュアート・ミルは借用証書や担保などの一切の形式を拒否して、一時をしのぐための三千フランをファ-ブルに貸与した。

 

      しかしファ-ブルは、今や彼にとって重要となった教科書の執筆を続けるためには、収入を伴う仕事を始めなければならなかった。シャールル・ドゥラグラヴのお蔭で、青少年のために彼は昆虫学や総合教育のシリーズ本を書き、その膨大な作品は他に類を見ないものであった。これらの作品が成功した要因は、科学的であるとともに文学的な広がりを持っていたからである。特にこのことについてファ-ブルは昆虫記の中で書いている《哲学を語る前に先ず生きなければならない..中には、私の文体には荘厳さ、もっとはっきり言えば学者風の味気なさがないといって非難するものがいる。彼らは、楽に読める文章は全く真実を語る本ではないと思っている。もし私がそれを信じるならば、難解でなければ深いとは言わないのだ...そうだとも、私の表現は気障りも空虚でもなく、観察したままを記録したもので、それ以上でもそれ以下でもない...私の本心を言おう。猪たちはきれいな泉の水を濁したのだ。若者には打って付けの自然科学という学問は、細胞や原形質などを押し付けたがために、不愉快で忌まわしいものになってしまった。ときに私が何かを書くのは、本能の難しい問題を少しでも解明しようとする学者や哲学者、特に若者のためであり、かくもあなたがたに嫌悪を感じさせてしまった自然史を、好きになって貰いたかったからである。それで私は真実という厳正な領域に留まって、あなたがたの、残念ながらしばしばヒューロン語のような科学的文体とは無縁でありたいと思っている》(2巻、「アルマス」)。

 

      それは信条の表明である!ファ-ブルは虫の研究と多くの分野の教科書が出版できるこの新しい生活を最終的に選んだ。彼はいま一度、不運から幸運を引き出す能力を示した。アヴィニョンの不幸な出来事は、ファ-ブルに不撓不屈の意志で自分を向上させた。それは自分に打ち勝つチャンスである。このような心理は人々に尊敬の念を起こさせ、それがおそらく極東の特に日本人に感銘を与えたのだろう。ファ-ブルの考え方は儒教の厳格さと神道の自然の掟への深い理解を合わせ持ったものである。

 

      ルグロ博士はファ-ブルの伝記を二つ書いた。最初の本の扉に De fimo ad excelsa 「底辺から頂上へ」とファ-ブルの人生を要約して書いた。ファ-ブルがさまざまな不幸に打ち勝って開花していったことは事実である。

 

                【55】

【絵】劇場から見たオランジュの町、1840年。版画:アレクサンドル  ドゥベル。ルマニーユ出版社の資料。

 

 

      自分の研究といまや重要な伝達手段となった教科書の執筆を、同時に快適に続けるためには、それにふさわしい環境が必要であった。その点についてファ-ブルの要求は大きかった。オランジュに移り住んだ当初ファ-ブルは、家族の知り合いで友人のリペール博士のところへ迎えられた。その間マリー・セザリーヌと五人の子供はカルパントラの彼女の実家に戻っていた。ファ-ブルは友人宅につまりお客として滞在していた。どうやって彼がこのような状況の下で、自分の研究を満足させうる環境を再建することができたのか、想像するのはかなり難しいことである。それにリペール家はかなりブルジョワの生活を送っていた。学校という拘束からついに解き放たれたファ-ブルは、自分の時間を昆虫の習性に合わせることしか考えなかった!かなり早期に彼はこの家を出て、家族とともにオランジュ市のコルドリエール広場に家を借りて移り住んだ。この新しい住居のよい点は、古代劇場の近くにあり、かってファ-ブルが古代文化と歴史に興味があったことを私達は知っている。しかし不都合なこともあった。ここは自然から程遠く騒々しかったので、静かに自然史の研究に没頭することができなかった。

 

      やっとファ-ブルは、キャマレに向かう道路のラ・ヴィナールドにりっぱな屋敷を借りることができた。ここは彼の昔からの夢の一部が叶えられたところである。17世紀の終り頃に建てられたラ・ヴィナールドは広大で静かであり、家族全員が一緒にのびのびと暮しても、ファ-ブルの思考の妨げにはならなかった。この家は町外れにあり、広い敷地に囲まれ、オランジュに向かう道路までの間には素晴らしく大きなプラタナスの並木道があり、反対側の遮るものもない景色の中にはヴァントゥ山が見える。ファ-ブル夫人と大きくなった子供たちは町にも遠くなく、ファ-ブルは居ながらにして草を探したり虫を追ったりすることができる。ここで昆虫記の一巻目は書かれることになる。ラ・ヴィナ-ルドはクルテゾンのエティエーヌ・ヴィナールが17世紀の終りに住んでいた家である。ファ-ブル一家は1879年までの約9年間ここに住んでいた。この年に昆虫記十巻の作品の一巻目が世に出、ファ-ブルはそれに「昆虫学の思い出」と題することを望んだ。

 

                【56】

 

      このオランジュ滞在は終生の住家であるアルマスの生活の雛形のようなものであった。猛烈な努力の甲斐があって彼はそこにでき得るかぎりの自然環境を整えることができた。日当たりの良いガリッグは家の近くにあった。ルキャン美術館とその植物公園を1973年に退職したファ-ブルは、敷地内に小さな植物園を作った。忠実な友人であるヴェルロとデラクールはよく家に寄り、いろいろな珍しい植物を持って来てくれた。アドリアン・ガスパランによって持ち込まれた Maclura aurantiaca  の木は今でもアルマスの庭に残っている。

 

      ファ-ブルは近くのエーグ河の水の引いた川原石のある沖積層で、カルパントラ時代にレオミュールの本で出会った左官蜂の Chalicodoma muraria カベヌリハナバチ)を見つけた。この虫の行動範囲を知るために、もう20才になった娘のアントニアと17才のアグラエの助けを得て何度も観察を繰り返した。家の側にある納屋の屋根の縁にシシリアドロヌリハナバチ【Chalicodoma sicula 】が巣を作っていた。まったく幸運であった。《巣に届くように梯子を壁に立て掛けた。娘のアグラエがこれに登って、最初の蜜蜂が戻ってくる正確な時間を確認できるようにした。蜜蜂が出ていく時間と戻ってくる時間を比較するために、暖炉の上の置時計と自分の腕時計を合わせた。このような準備が終れば、私は四十匹の「捕虜」を持ってエーグ河の沖積層でカベヌリハナバチが仕事をしている地点に赴いた。この遠出は、レオミュールの左官蜂の観察と、シシリア左官蜂を放すという二つの意味があった。このシシリア左官蜂が戻って来る距離は40キロメートルである...》(一巻、「実験」)

 

      植物学の優秀な助手は家族の中にいた。アヴィニョンで1862年に生れた息子のジュルは、ヴィナールドに来た当時10才であった。5人の子供の中で、父親の研究にいちばん興味を示したのは幼いジュルである。ファ-ブルは彼に真の後継者を見た。植物、花、虫についての関心は無類のものであった。ファ-ブルは子供の教育の重要性を認識しており、多くの時間をそれに費やしたが、ジュルはとても感性が豊かであった。彼は目を閉じていても、植物に触り、香りを嗅ぐだけで多くの種を言い当てたという。

 

      日が短くなり、夜露や雨がガリッグを生き返らせた時などには家族できのこ採りにいった。短命なきのこは記述だけでは十分ではなく、ファ-ブルは手に入る限のきのこを水彩画に描き始めた。彼にとって菌学はほとんど本による知識であったが、きのこの絵は少しづつ増えていった。

 

                【57】

 

      オランジュで、ファ-ブルは子供と大衆の教育のために、30巻にも及ぶ教科書や物語を描いた。このヴィナールドでの年月の何という勤勉さ!虫が躍動を始める季節になると、ファ-ブルはオランジュの周辺を何キロメートルも、観察や実験やメモのために歩き回り、それ以外の時期やひまがある時は本を執筆した。ファ-ブルが書いたドゥラグラヴ版の教科書は、20世紀の終りまで何世代もの小学生から高校生に利用された。それは「算数、代数と三角法、科学読本、植物学と動物学、家政あるいは家計についてのおしゃべり、地理学、有機化学、自然史入門、動物学、植物学、地質学、物理学、初級天文学」などであり、さらに「宇宙形状誌入門書」は先に書いた「空」に匹敵する大きな成功を博した本であった。

 

      自然、花、動物、そして人間が休息と涼感にほっとする夏の夜、ファ-ブルは空を眺めながら子供たちに《晴れた夜、発光性の湯気のような尾を引いた光りのマフラーが、空の端から端まで架かっているのをみんな見たことがあるだろう。天文学者はそれをミルキー・ウエィ(銀河)と呼び、俗にサン・ジャックの道と言われているものだよ。ギリシャ神話では、ヘラが小さなヘラクレスにこれを授乳したと言われている。この神からの乳の数滴が子供の口からこぼれて空の穹窿にちりばめられ、それが乳の道となったのだよ。科学は古代の夢みる人々の言葉を秘めているが、いわゆる乳の跡についてはもっと荘厳な解釈をしているのだ...》(ファ-ブル、「空」)。

 

      ファ-ブルは子供達に宇宙のことを楽しく話して聞かせた。虫でも、動物でも植物でも彼の話しにはいつも詩があったので、それが、現在でも日本の子供がファ-ブルを読みながら自然史を学んでいる大きな理由の一つだと思われる。

 

      ファ-ブルの親友のジョン・スチュアート・ミルは英国下院議員で、やっと成立した婦女子保護法の擁護者であり、彼の著作の「工業」の中で資本家の搾取を糾弾している。次々に書かれた楽しくて教育的な頁のお蔭で、ファ-ブルはスチュアート・ミルに借りていたお金をすぐに返すことができたし、自分の家を持つ夢もまもなく実現する。

 

      しかしその前に、彼の人生で最大の試練が待ち受けていた。1877年にいとしい息子のジュルが亡くなった。ファ-ブルは昆虫記の2巻を息子に献呈した。同じ年に彼はスチュアート・ミルも亡くしている。鉄のように頑健なファ-ブルも、1878年に肺炎に罹って死ぬところであった。広大で堂  としたヴィナールドの家は、冬になると湿気が多く不健康であった。借家人であるファ-ブルはこの家を改良することができなかった。そのうえ、ある朝家主が、小さな道路に続くあの素晴らしい並木のプラタナスを、切断したり枝おろしをさせているのを眼の当りにしたファ-ブルはそれには耐えられなかった。そこですぐにここを出ていく決心をし、オランジュを後にした。ついに彼はまったく自分にふさわしい住居を手に入れると、壮大で終の住処であるセリニャン・デュ・コンタの生活を始めた。

 

                【58】

【写真】アルマスの住居への小道。

 

 

 

   

 

      オランジュから県道を北東へ7キロメートルを行くと、葡萄畑の上にセリニャンの屋根と黄土色の壁が表われてくる。東方には特にミストラル(プロヴァンスの大風)が吹き荒れる時には、ファ-ブルの愛するヴァントゥ山と、その前のひどく侵食された真っ白なモンミラーユのぎざぎざ峰の輪郭がくっきりと見える。この地方は、クレレット、グルナッシュ、イザベル、ジャッケズといった品種の葡萄栽培で知られていた。19世紀の終りには、この辺の住民は特に葡萄、それに生糸の撚糸、オリーヴ油で生計を立てていた。この村は今日でもまだほとんど昔のままの姿を留めている。

 

      ファ-ブル夫妻は、セリニャンの外れに売りに出された地所があるのを知るとすぐ見学に行った。そこは近所から離れており、蝉や夜鳴きウグイスの鳴き声だけがうるさいといった所だったので、彼らはたちまち気に入った。そこで1879年3月の初めには証書に署名し、待つこともなくそこに移ってきた。

 

    これが最後の引越しで、新しい世界での長くて豊かなエピソードの始まりである。40年前サン・レオンスを両親と出た時の苦難の彷徨とは何という違いであろう。2年前、突然のジュルの死に致命的な打撃を受けたファ-ブルは、不幸で苦い人生の経験によってかつてないほどの強靭さを得た。やっと巡ってきた穏やかな新しい人生に毅然と立ち向かっていった。

 

    《 Hoc erat in votis 、これだ、私が欲しかったのは》、とファ-ブルは昆虫記第2巻の導入部に書いている。この95アールほどの土地の大半は、何本かの木が植わった荒れ地で、虫や鳥の天国であり、それがファ-ブル夫妻の気に入った。桃色の壁の美しい家は、東と西に独立した別館があり、大きすぎも小さすぎもしない丁度の大きさで、乾いた堅固な石灰質の土地に建てられていた。家の前には冷たい水をたたえた湧き水の池があり、夏になると両生類やあらゆる小さな生き物がお客であった。窓の前の二本のプラタナスがなかったならば、家の中の涼気は吹っ飛んで夏の暑さに苦しめられるだろう。こういったものすべてが幸福と思索の隠れ家を構成していた。

 

      ファ-ブル夫人と娘たちは、すばやく家の中心部を占領した。彼女たちは内部を快適に改造するために、いくつかの素晴らしい作業をした。女性の手は、酷暑やミストラルが吹きつけるしつこい寒さを遮断するために、たちまち必要なところにカーテンを取り付けた。

 

      昆虫学者の要求の応えたこの素晴らしい自然環境と条件について少し話す価値があると思う。ファ-ブルは科学者となってからずうっと、幸せな家族が寄り添った静かな環境の中で、昆虫学の野外実験場を作ることを望んでいた。孤立した生活は家族のつながりを緊密にしたといえる。一見ファ-ブルには、孤立したいという欲望と同時に他人に自分の意思を伝えたいというある種の両義性が見られる。アルマスの新しい生活の中で、家族を除けば友人達は大きな位置を占めていた。思索的だが楽天家でもあり、時には無愛想なこの繊細な神経の持ち主は、アルマスで静寂だが孤独ではない生活を送った。ファ-ブルは人であれ、場所であれ本物を求めており、彼の価値観は他人のそれとは異なっていた。アルマスの門は友達には開かれているが、それ以外には誰も入ることができなかった。半世紀もの間待ちわびたこの条件と場所で、かれの作品は作られていった《ここなら通行人に邪魔されることもなく、ジガバチやアナバチに問いかけたり、難しい対話を実験を通して質問したり、答えさせたりすることに専念できる。ここならば時間を食う遠征や、忙しく動き廻って神経をすり減らすこともなく、攻撃の作戦を練ったり罠をかけて、毎日いつでもその経過をたどることができる。Hoc erat  in  votis、そうだ、これが私の願いであり、あたため続けてきた夢であり、いつも未来のあいまいさの中に紛れていた夢であった》(2巻、「アルマス」)

 

      母家の両側には隣接しているが独立した入り口を持つ別館があり、そこは昆虫学者の研究のために確保されていた。葡萄畑を抜ける登り小道に面した東の別館をファ-ブルは図書室にして、そこに本や会報、記事などでいっぱいの本箱を置いた。のち、その一階は二番目の結婚で生れた息子のポールが、写真のラボを設置し、昆虫記全巻の写真を製作している。

 

      西側の別館の二階へは母屋からの石の階段でつながっていた。そこは窓が南側に面した広々とした部屋でファ-ブルは仕事部屋にした。

 

      これらのすべてを設置する前の1879年初頭、ファ-ブルはいくつかの準備に取りかかった。村に専門の職人がいるかどうか探してみた。マリウス・ギュイグとかいう盲目の指物師で、椅子わらの詰め替えもする職人が、自然科学の膨大なコレクションを配置するための陳列ケースの組み立て仕事に携わった。見易くするためにファ-ブルは棚に傾斜を付けさせた。今日でも見学者はそれを見ることができる。その中には多くの石類、化石やアンモナイトなど、また貝殻(その内のいくつかはコルシカ滞在中に浜辺で採集したもの)、それに先史時代の出土品などの思いでの品ばかりであった。陳列ケースの上方には植物標本が束ねられて天井まで並んでいた

【写真】アルマスのサロン。

 

                【61】

 

      同じ部屋には暖炉があって、その上にはスズメバチの古巣、大陸と海がはっきりと見分けられる凹凸のある地球儀、松ぼっくり、それにいつかファ-ブルがチクタクの音を丁度10時で止めた置時計があった。時を刻むその音は彼の思索に必要な静寂の邪魔であった。

 

      壁にかけられたガラスのはまったいくつかの箱には、あちこちに昆虫類やカニなどが飾られていた。部屋の真ん中にある大きな机の上は、仕事場となってからたちまちいろいろな獲物を置く場所になった。下宿人をしばらく捕らえておくために、粘土や砂の入った深鉢や皿とそれに被せる鐘型の覆いなどが置かれてあった。ここは、昆虫の習性やあらゆる生態の細部を発見するために、殺したり不動にした昆虫ではなく、いつも自然に近い状態で生きている虫を研究する所である。またこの大きな机の上には、自然から採集したものが入っている大小の容器、箱、試験管がほとんどで、申し分のない道具と言えば秤、顕微鏡、解剖道具だけであった。自然の続きであるこの仕事場は、観察を継続するための単に避難小屋であった。現在でもアルマスで見られるように、机の廻りの床の赤いタイルはひどく摩滅している。それはファ-ブルが白い紙に思索の結果を記録する前に、何度もなんども歩き廻ったためである。

 

      この自然科学者の仕事場と自然の間には何のギャップもない。捕らえられた下宿人がいつまでも引き留められていることは少なく、すぐに本能の生活に戻っていく。プロヴァンスの強い日差は部屋いっぱいに溢れ、ほとんどいつも開いている仕事場の窓からは、アルマスや近隣が見渡せる。ここに住むとすぐにファ-ブルはアルマスを塀で囲った。しかしこの自然で、荒れ地の乾いた土地アルマスは村からかなり離れているので、ガリッグの一部のように、昆虫や野生動物の天国である。そこにファ-ブルは虫寄せのためにもぐらの死体や家畜の糞などを置いた。甲虫目の墓掘りシデムシや兜頭の井戸掘りミツカドセンチコガネが集まってくる。

 

【写真】アルマスのファ-ブルの研究室。陳列棚の中には様々なコレクションがあり、その上方には多くの植物標本が並んでいる。

 

 【62】

      ファ-ブルは実験室という言葉を好まなかったが、このような実験室は二十世紀以前には珍しくなかったであろうが、今の私達には彼の「仕事場」は稀に見る本物の「自然科学者の実験室」だと思っている。アルマスの実験室は本物の自然を研究した好例の場所として完全に保存されている。ファ-ブルによれば実験室とは二次的なものであり、研究の場所は動物自身が選び、観察は灼熱の太陽や悪天候をものともせず戸外で行なうものである。

 

【写真】1907年、ファ-ブル、虫の観察。アヴィニョン、ルール宮殿古文書館。

 

                【63】

 

      最初からファ-ブルはアルマスの一部を庭園にするつもりでいた。あまり雨の降らない気候の下では大したものは出来ないので、いくつかの果樹とわずかな野菜と花だけを植えることにした。ファ-ブルはこの村で珍しい植物に一番詳しいファヴィエーを使って、庭にこの地方の植物や、珍しい植物あるいは虫を引きつける蜜源植物を植えさせた。また、化学者デュマがヨーロッパの葡萄の木に大きな被害をもたらしたブドウネアブラムシについての研究をファ-ブルに依頼してきたので、アルマスに葡萄も植えた。蚕を全然知らなかったパスツール同様、アカデミー・フランセーズの会員であるデュマも実地の自然科学者ファ-ブルに助けを求めてきた。

 

      ファ-ブルは仕事場の下の階に隣接した場所に南向きの小さな温室を作らせた。冬にはそこに外国の温暖植物を避難させて、3・4月の暖かくなった頃に、ファヴィエーはそれらを出して家の前に並べると花は夏中咲き続けた。温室が空くとすぐファ-ブルは、松のギョウレツケムシを囲って飼育し、観察を始めた。《3月になると、飼育していた毛

 

【写真】【左】Cistus incanus 【ハンニチバナ科】の花の蜜を吸う  Apis mellifica  L.セイヨウミツバチ】の働き蜂とコオロギ。

アルマス、1984年6月。

 

【右】アルマスの水蓮の池。虫はひっきりなしに行列をしている。多くは開けておいた温室を出て、まもなくの変身のために必要な場所探しに出ていった。永久に戻ることのない松と別れてのこれが最後の大移動だ...》(6巻、「松の行列毛虫    蝶」)。

 

                【64】

 

      孵化が頂点に達する時期のファ-ブルの忙しい一日を想像してみよう。曙の光が表われ始めると、ファ-ブルは二階の寝室を出て台所に降るとコーヒーを飲みながら行ったり来たりして思索にふける。やがて犬のトムを連れてアルマスを一回りする。昨日ファヴィエーが水を撒いておいた上に夜露が降りたので、イトスギとシーダーの針葉が樹脂の快い香りを醸し出している。そこにはヤツガシラの夫婦が巣を作っているので、ファ-ブルはトムに走ることを禁じていた。アルマスの奥まった所には、冬になると暖炉で焚かれる太い薪が積まれているが、今はそこに、巨大な膜肢目のクマバチが住んでいた。彼らは黒いビロードの服に紫色がかった羽を持っていた。トンネルの入り口に挽かれたばかり鋸屑が積まれているのをみると、もう母虫は親指ほどもある太さのトンネルを掘り始めたのだろう。この邪魔もののトムをおいて、また見に来なければならない。彼らは家のほうに戻っていった。トムの気に入りのアグラエが窓に現われて犬を呼んだ。

 

【写真】ツノハキリバチを観察するためにファ-ブルが作った実験的巣箱。アルマス博物館。

 

      外へ出かける前にファ-ブルは仕事場にちょっと上がっていった。そこには飼育中の虫が冬が終ったので皿の中で孵化し始めていた。少し腐りかけた餌は不快な臭いを放っていた。今は清掃屋のキンバエが孵化し始めている。金属的な光沢のあるタマムシやハナムグリ同様、このキンバエも金緑色の金属的な輝きは、出生の腐敗場所とは大きなコントラストをなしている。

 

      虫眼鏡と小さな鎌、それにもし遠足が長引いた場合の干しいちじく少々を革袋に入れて、もう出かけなければならない。日はすでに高くリラの花を暖めている。リラの房の中にはあらゆる虫がうごめいている。4月、どこを見ても夜明から夕暮れまで熱っぽい求愛で沸き立っている。どの花冠にも次々といろいろな虫が採餌に表われる。スジハナバチやそれを追う近親で宿敵のナキハナバチ、近くの葭に詰める花粉を集めている粉だらけの赤と黒の服を着たツノハキリバチ、光りにきらめく羽のハナアブ、アシナガバチ、ミツバチなどが順々に訪れている。ファ-ブルはアルマスの門を通って丘の方へ歩いて行く。人間がまだ手を付けてない自然に入るためにわざわざ遠くまで行く必要はないが、それでもヴァントゥ山方面まで少し登って行かなければならない。

 

      ファ-ブルは葡萄畑をゆっくり通って行った。この歩調だとヒバリやバッタや若いヤマウズラなど行き合うすべてを見ることができる。足の下で雨にたたかれた砂利が不思議な音をたてた。見るとそれは摩滅した古代の硬貨であった。ファ-ブルはそれを拾うと上着のポケットの紐で括った観察日誌の脇に滑らせた。歩みを止めて振り返ると、ファ-ブルの後方には朝の靄の中に小さくなったセリニャンがかすんで見えた。再び歩き始めた彼は、やまももに似たアルブートスの木に発生する毛虫を見つけるつもりでいた。刺されると火傷のような痛みのあるこの毛虫を、この地方の特に薪取りの人々は恐れていた。ファ-ブルはそれを自分の体で実際に確かめて見るつもりであった。この毛虫はもうそろそろ巣を離れるころである。

 

      今のところ昆虫に食料と宿を提供しているのはチャボアザミ属だけであり、その花序の中には、孵化のために夏を待っている太っちょのゴボウゾウムシがいた。もっと高いところまで登らなければならない。日当たりのよいその斜面までは地中海性の植生であるが、それから先は北方の植物ばかりである。

 

      時々丘のうえを野兎がジグザクに跳ねていくのが見える。数時間も歩いたのち、やっと最初のアルブートスが見えてきた。この時期にはツグミの好物のこの木の実は残っていない。この地方で薪としてよく使われるアルブートスの茂るこの区域へは、ファ-ブルは冬でさえも何度も来ていた。アルブートスの毛虫は夏の間中葉っぱを食んでいる。彼はこの蛾の卵をよく知っていた。それは葉っぱの上に作られた厚くて柔らかい巣の中に生みつけられ、9月になると孵化が始まる。寒さが来る前にカレハガ属のこの孵化した毛虫たちはみんな小枝の先に集まって、編目だけになった葉に白い絹糸を巻きつけて冬の住家を作る。のちこの毛虫が、触角に羽飾りのある白雪のような美しい蛾に変身する。もう三月なので冬眠から覚めた空腹のこの蛾の幼虫たちが、葉っぱをむさぼり食っているところに行き合うのではないかと思っていた。やはりいた!少し先にある枯れ木立の艶やかな巣から毛虫が出てくるのが見えた。穴をあけた箱に半ダースほどこの虫を取ると、まだ葉の残っているいくつかの小枝と一緒に袋の底に入れた。体毛の粉屑が風に舞うだけで、その辺一帯に大変な毒を撒散らすと忌み嫌われているのであるから、研究にはこれだけで十分の数である。ファ-ブルはこれほど強烈な毒は虫の排泄物に濃縮しているはずであると考えた。この採集によって彼は十分に実験を進めることができるはずである。この遠足には一歩毎に多くの発見があったが、西の空が曇ってきたので帰ることにした。ちょっと一休みをして干しいちじくを食べると、回復作用のあるスイバの葉を2・3枚噛んだ。帰り道は下り坂なので葡萄畑までは早かった。セリニャンの家が見えてきたころになっても日はまだ高かった。仕事場に戻ったファ-ブルは、袋の中身を空けると、大きな机の周りを何度か廻っていたがやがて、小さな机に座ると一枚の白い紙を出した。

 

【写真】アルマスを見廻るファ-ブル。(ルグロから)。

 

                【66】

 

      この小さな机の上は彼の人生の充実した時間の集大成の場であった。ファ-ブルの有名な観察日誌はこの机の上で毎日、頁の初めあるいは前頁の終りからきれいな細字で書かれ、それは日ごとに長くなっていった。この観察日誌は大半が昆虫記の根底となった。カルパントラの時代から、アヴィニョン、オランジュ、アルマスまでファ-ブルと一緒であったこの小さな机で、彼は何頁にも及ぶ本の執筆をしたり、くつろぎに作曲したり、最近の発見を絵を描いたり、フランス語やプロヴァンス語の詩を書いた。ここに座ってファ-ブルは自分の感性と調和を持った世界を築いていった。人生の多くの出来事や重要な疑問のすべてが集結したこの小さな机は晩年まで彼の同道者であった。この小さな机と、虫から宇宙までの雄大な世界の記述というコントラストがこれほど著しい作家も他にはいない。この小さな板の上で4000頁もの「昆虫記」が書かれたのである。

 

【絵】

【左】フウセンタケの一種。

【右】ファ-ブルがきのこ図版を描いた絵の具。

アルマス博物館。

 

      秋になって昆虫の観察に少しひまができると、ファ-ブルは白い紙に向かって近くで採集したり、息子のエミールが高地のサランシュから送って寄越したきのこを、彼が言うところの”筆を遊ばせ”ながら、黒っぽい輪郭のヤマドリタケ、アイゾメイグチの青い断面、漆黒のしたたり落ちるようなヒトヨタケ、蝋粉に覆われた黒ラッパタケ、鮮やかなオレンジ色のタマゴタケ...などを描いたのもこの机であった。また、長年にわたって描き続けられたきわめて繊細な植物の淡彩画もやはりこの上であった。

 

      もう振り子時計は時を告げないが、仕事場の窓から見えるその時その時の空の輝きや光りの陰りによってファ-ブルは時間を知ることができる。庭の草叢の中ではケラの高い音の調べが始まっている。ファ-ブルは食堂に降りていくと、天井から下がった油ランプの明るい光がテーブルを包んでいた。長女のアントニアがみんなに豚脂のスープをついでいた。蒸し煮の肉の香りが家じゅうに漂っている。この村でできた葡萄酒を飲みながら食事は始まった。家族はこの春の楽しい一日のできごとをおしゃべりし合った。やがて眠気が襲ってくるとエミール、次にクレールそしてアントニア、最後にアグラエとファ-ブル夫人が順々に二階へ上がっていった。二階の窓がわずかに明るくなり、やがてそれも消えてしまった。一人残されたファ-ブルは、立ち上がって今日の郵便を読むと外へ出た。甘い香りを吸いながらリラの小道を池まで歩いて行った。ミストラルに掃き清められた空を長い間眺めながら、またたく星座をあれこれ識別した。やがて明朝早くメモ帳に書くつもりの章の出だしが頭に浮かんだ。

 

      観察は一年中休みなく続けられるが、特に春の日々は多忙をきわめた。学校や研究室での理論的な知識の吸収と、自然の現場で朝から夜までの間に人間の知性が無限の現象を同化できる実際的な観察とは大きな隔たりがあった。それをファ-ブルはセリニャンの周辺の昆虫がたくさんいる丘や他の所で実感した。教職から解放されたファ-ブルは自然の不思議を発見したり、その喜びを人に伝えることを続けていった。観察には厳しさと忍耐が要求されるが、また想像を掻き立てる世界でもあった。ファ-ブルの作品は机上の学問である科学教育にはぴったりの解毒剤である。

 

【写真】【右】ジャン・バチスト・デュマからファ-ブルに贈られた顕微鏡。アルマス博物館。

 

【写真】小さな机に座るファ-ブル。アヴィニョン、ルール宮殿古文書館。

 

                【68】

 

【絵】髑髏模様のアフリカメンガタスズメの毛虫。

ユブナーの「Sammlung europäischer Schmetterlinge]から、1805ー1841。

パリ、国立自然史博物館。

 

 

 

        

 

    「昆虫記」は、半世紀以上にわたる虫の習性の研究が基調となっている4000頁にも及ぶ本である。1879年から1907年までに出版された10巻中には、しばしば甲虫目と膜肢目の多種多様な虫たちが頁のあちこちに登場してくる。ファ-ブルは動物行動学の先駆者であるとともに、新しい科学である環境汚染学(廃棄物の生分解)、エコロジー特に環境生理学の創始者でもあった。昆虫記とはつまり、虫の生と習性全般の驚くべき記述である。この作品に漂う詩情と叙情的表現によって、私達はファ-ブルの実地の昆虫学、原因の分析や、徹底した科学的厳密さの実験を感動とともに発見することができる。ファ-ブルが長年書き続けてきた観察日誌を読むと、彼の厳格な研究方法を細部まで知ることができる。昆虫記には幼年時代の思い出、哲学的思索、疑問、両義性、確実性などのいろいろなジャンルが混在している。つまり昆虫記は自然と不思議な存在である虫への賛歌であり、生き物の世界に対して恐るべき無関心な世代が楽しみながら発見していく書となる筈である。

 

 

           

 

    ジガバチ類は昆虫記の数章に記述されているが、ファ-ブルの比類なき観察能力はこの虫の研究によって発揮された。ジガバチはきわめて細い胴回りをしており、黒と赤の膨らんだ腹部はまるで細長い糸で胸部とつながれているようである。アナバチに似た体型のこの種の特性の一つは芋虫を狩猟することである。

 

      砂地に住むジガバチ類は、鵞ペンほどの太さの穴を5センチくらいの井戸に掘り下げるとそこに卵を産み、幼虫の餌である捕獲した虫を貯蔵する。ファ-ブルが研究したプロヴァンスの四種はいずれも4月から9月が活動期である。ジガバチは井戸の底に冬の間蛹を保護するため柔らかくて暖かい繭を作る。産卵の後には選んでおいた大きめの砂で井戸をふさぐ。コジガバチ【Ammophila  sabulicola】とジガバチ【Ammophila argentata】の場合は平な小粒の石で入り口をふさぐ。狩りから戻る度にこの入り口の蓋はあけられ、そして全く同じ位置にきちんと閉められる。ジガバチは自分が作ったこの巣には住まないが、驚くべき記憶力で確実にそこに戻ってくる。ジガバチの四種とも捕獲する餌は蛾の芋虫である。時には芋虫が蜂より15倍も重いことがあるが、それでもでこぼこの道を引きずって帰る!芋虫の体は体節で構成され、各節は腹部側で神経節を持ち、そこは感覚と運動の座である。合計すると独立した12の中枢がありそれは脳に相当する頭部神経節塊である。ジガバチは芋虫を瞬間的に麻痺させなければならないので、各獲物の神経系の構造を先天的に知っている。この芋虫はかなり大きく襲撃法と刺す場所が正確でないと逃げられる恐れがある。何と辛抱のいる監視であることか、まちぼうけを食うのはたびたびであり、この孤立した蜂の繊細な動向を見極め、分析し、理解するためにファ-ブルは何と優れた観察力を持っていることか。《長い間チャンスが訪れるのを監視し、不屈の忍耐力で待ちながら、しかもジガバチが現われた瞬間をとらえて観察しなければならないが、その時にはもう苦しさなどは思い浮べることもない》(1巻,「ジガバチ」)。

 

      その当時のルーペでは犠牲者の芋虫の傷跡をはっきり見ることはできなかったので、各体節の感覚を検査するために針で一つずつ突いてみなければならなかった。ジガバチは差し針を特定の一点に一回だけ刺す。その注射の毒はそこから特に四肢のある体節の方へ浸透していく。

 

      巣に戻った母蜂は、獲物の麻痺した体

節の一つに正確に卵を一つ産み付ける。ジガ

バチの幼虫はまもなくこの膨大な餌を食い始

める。《この膜肢目のジガバチは科学が羨む

ほどの正確さで[...]動物は自分の行為に気

ずくことなく本能の衝動に従う。しかしこの

驚嘆すべき霊感はどこから来るのか?隔世遺

伝、自然淘汰、生存競争の理論は十分に満足

のいく説明であるのだろうか?私と私の友人

にとって昔から、本能は霊感によって世界を

支配し、無意識を導く言葉を越えた論理の明

確な表明であると思っている。この真実の閃</sp